人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2010年05月31日

西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.5

すべらない話でスベってるとこを見たことがある、JAうごの佐藤です。


今日は月末でチョッと忙しかったですけど、
とにかく天気が良かったから元気に過ごすことが出来ました。
ツアー以来の天気が続いていますよ。

そんな羽後町です。

お待たせしました。
今回は、西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.5をお伝えします。


そば打ちをして、昔語りを聞き、寝不足なのに、
”大宴会をおそらくやったであろう”参加者の皆さんは翌朝どうだったんでしょうか?






CIMG6896.JPG

                   そば粉で体育館真っ白






前日昔語りの時は分からなかったんですが、
翌朝になるとそば粉で真っ白になっていた体育館が浮き彫りになり、
食堂のお姉さん達が掃除をしていました。

この時、午前6時30分頃です。






CIMG6901.JPG

                          朝食の準備が進む






この日も午前4時30分頃から準備をしてくれていたんです。






CIMG6925.JPG

                          5月22日の朝食






ここ『わか杉』では山菜など旬の物、採れた物に応じてメニューを決めています。
だからメニューは前日まで分からないんだとか。
この点も田舎ならではの温かみを感じられます。

さて、羽後町を代表する食材『山菜』や『野菜』はこのメニューにこれだけ入っていますよ

フキ、セリ、うるい、ニラ、しいたけ、キャベツ、トマトの7種類です。
全て地元・羽後町の飯沢産です。(『わか杉』は飯沢地区)






CIMG6906.JPG

                         おはようございます!






CIMG6921.JPG

                            食べる






CIMG6923.JPG

                         ウマイっす!






CIMG6912.JPG

                           ウマすぎ


どんだけ美味しい?
JAうご産あきたこまちご購入はコチラ





これにはさすが『わか杉』のシンボルマークも・・・。






CIMG6916.JPG

                           ハンパねぇ






ご飯を多めに食べる訳がここにあるんです。


ええ。


この日はツアー行程で最大のイベントがあったんです。
体力が必要なイベントがね。
その為に栄養補給は必須でした。

この後、一行はバスへと向かいます。






CIMG6941.JPG

                           大自然溢れる






準備が出来た皆さんは続々とバスへ乗り込みます。






CIMG6945.JPG

                       オレンジが羽後中とかぶる






ちなみに西馬音内小のジャージカラーもオレンジなんですよね。
偶然にもNavelカラーなんです。

その後、バスは出発しJAうご本所近くの田んぼへ向かいました。
田植え体験の開始です!






CIMG6958.JPG

                      ”西又葵美田”到着




ツアーの皆さんと西又先生が田植えをする。
自分達の手で田植えをしてみる。
農業の大変さや面白さを身を持って体験し、田植えをしたこの田を、
【西又葵美田】(にしまたあおいびでん)と命名しました。

看板には今まで西又先生が羽後町へ描き下ろしてくれたイラストを入れました。






CIMG6967.JPG

                           田植え説明






秋田県議会議員さん(羽後町在住)や羽後町議会議員さんなど、
その他沢山の地元の方々やJAうご職員が集いましたよ。






CIMG6982.JPG

                           足をまくって






この格好で田のあぜ道を歩きました。
散らばって手植えをします。






CIMG6988.JPG

                          誰も田に落ちず






苗を一人一人少しずつ渡されました。






CIMG6990.JPG

                           キレイな一列






ここでJAうご職員による手植え指導がありました。






CIMG6992.JPG

                       向こうに見えるのがUFO










CIMG6996.JPG

                          ウワッ ぬるぬる






そして遂に手植えスタートです!






CIMG7033.JPG

                           キャッ






西又先生は本当に終始楽しく田植えをしていましたよ。
参加者皆さん笑顔笑顔でしたね!
コッチも楽しくなってしまいました。

いつも田植えの時期は天気が悪いんです。
カッパ着用しながら田植えなんて普通の光景ですからね。
皆さんの日頃の行いが報われたのでしょう。






CIMG7040.JPG

                      西又葵美田 IN 西又葵先生






この絵もチョッと他では入手出来ないレア画像です。
当たり前か。






CIMG7047.JPG

                        参加者の皆さんと一緒に






こんな珍しい光景も見れましたよ!






CIMG7076.JPG

                          鉄製の型付機






取っ手を持って引っ張ると回転する爪で田んぼの土が盛り上がるんです。
その土の上に苗を植えるんです。






★型付機(田植え)









こうして手植えは終了となりみんな田んぼから一旦出ました。






CIMG7097.JPG

                          面白かった〜






側溝で泥を流しました。






CIMG7062.JPG

                           気持ちええ






あぜ道で記念撮影です。






CIMG7107.JPG

                           植えたっス






このまま看板前でもう一枚記念撮影しましたよ。
みんなイイ顔してます!!






CIMG7111.JPG

                           羽後町最高!!






みんな本当に楽しそうでした。
この後、JAうごの佐々木が皆さんに質問します。






CIMG7113.JPG

                        田植え機に乗りたい人ッ!






この質問にほとんどの参加者の方が大きく手を上げていました。
日頃から皆さんこんなに元気に手を上げているんでしょうか?
上げちゃいますよ。
みんなアゲアゲですから。






CIMG7122.JPG

                           田植え機稼働






乗りたい人は全員乗ってもらいました。
赤組白組のように両側へ別れて、交代で運転してもらうことにしました。






CIMG7127.JPG

                        準備オッケーーーッ






CIMG7129.JPG

                        最初は勿論、西又先生






車の運転は好きだと聞いていますが果たして、田植え機をどう操るんでしょうか?






CIMG7137.JPG

                      ここ押すと空を飛ぶんだよ・・・






操縦方法を聞きながら向こう側まで移動しました。






CIMG7139.JPG

                             発進






向こう岸に着いて運転手交代です。






CIMG7148.JPG

                            ヨイショ






そして・・・






CIMG7156.JPG

                            GO!






CIMG7171.JPG

                           楽ッしい〜




★西又葵先生田植えIN羽後町まるごと満喫イベント『なえんもねんしども』









CIMG7193.JPG

                           次々と運転






沢山の方が運転しましたから、色んな形の田植えになったのは言うまでもありせん。
それは想定の範囲内ですから心配ご無用です。






CIMG7190.JPG

                          稲刈りヨロシク






苗を取った箱もみんなで洗いました。






CIMG7211.JPG

                          全部やりました






羽後町初のコスプレ田植えも見られました。






CIMG7217.JPG

                        田植えってオモシロイ!!






運転希望者多数の為、急遽予定外に向かいの田んぼで、
田植えする方のご協力いただきました。

この方、羽後町役場職員の横井さん(仮名)です。
さすが役場職員さんです!!
町を背負って立つ方ですからこのツアーにも全面バックアップしれくれました!






CIMG7240.JPG

                          まさかの女子二人






これには横井さん(仮名)もこのように言っていました。






CIMG7244.JPG

                    こんた幸せな田植えしたごどねぇ!!






女子と運転交代してくれました。






CIMG7249.JPG

                           ウレシイッ






★羽後町まるごと満喫イベント 田植え









こうしてみんな楽しく田植え体験をしたのでした。






CIMG7266.JPG

                           Viva 農業






次回のツアーシリーズは行程にない『あのサプライズが!?』登場しますよ!
ご期待下さい!


なぜおいしい?JAうごの高品質米あきたこまちはコチラ




◆今日の西瓜




TS3I03250002.jpg

                         スイカ定植後10日経過




◆時代劇か!

ちょっと叫んでみた時の話。

「お母さんいるー?」父

「居ないよ〜」娘6歳



「何かご用?」娘6歳


”ご用”って…
                            


----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



posted by jaugo at 22:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

2010年05月30日

NHKのど自慢

水玉模様のシーツを引いて寝ているJAうごの佐藤です。


いやいや〜今日は暑かったです。
外で遊んで日焼けしちゃいました。
月曜日また言われるんだろうな〜。

「焼けたね〜 何、農作業頑張ったの?草刈り?西瓜?」ミスターX

「なんにもやってないんです…」佐藤


そんな羽後町です。


さて、今回はNHKのど自慢についてお伝えします。


羽後町ツアーなど色々行事が重なってご連絡が遅くなってしまいました。

実は・・・

来週の日曜日であります6月6日(日)に、
町制55周年記念として『NHKのど自慢』が、
西馬音内の総合体育館で開催されるんです。



ええ。


出演者は前日5日(土)の予選会を通過した20組です。
なんと!この予選会にJAうごから3組の歌い手が登場するんです。

個人的に申し込んだ2人(プライベート)とJAうご女性部です。
なんでも出演の申し込みが約557組あったとか。
そのなかから最大250組が予選会に出場出来るんです。

予選会当日にならないと何組が本戦を目指して競いあうのか分かりません。
書類審査を通過するだけでも運がイイと言えますよね。
なんとこの予選会に『なえんもねんしども』に度々登場する人物が出場するんです!

((((((ノ゚听)ノヌオォォォ

それは・・・

私、佐藤と羽後町ツアーで名司会ぶりを発揮した安藤です。

超ラッキーです。
現在2人とも血のにじまない努力に励んでおります。


合格ハガキが届いたのは5月15日でした。
我が家では私と父が申し込んだんですが、
父は残念ハガキ、息子は合格ハガキと2枚届いた次第です。

その為、我が家ではのど自慢の会話がありません。


ええ。


予選会は誰でも観覧可能ですよ。
私の次は安藤が歌います。
ゴールデンリレーです。

衣装は決まっていますが内緒ですよ。

・。・。( ´艸`)ムフフ・。・。

応援大歓迎ですし、生放送の6月6日(日)は必見ですよ。

私は『秋田のあの歌』を歌います。






TS3I03110001.jpg

                           目指せ合格






車内は毎日ライブハウスです。





◆今日の西瓜


TS3I0321.jpg











◆兄弟


「ロールパンナとクリームパンナは2人暮らしなんだよ!」息子4歳

(?_?)マジ?




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。








posted by jaugo at 19:46 | Comment(4) | TrackBack(0) | イベント

2010年05月29日

西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.4

首後ろタグがチクチクするとダメな、JAうごの佐藤です。


午後から少し天気が上向いてきました。
農産物には朗報ですヽ(=´▽`=)ノ

そんな羽後町です。


さて、今回は西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.4をお伝えします。

今から丁度1週間前にさかのぼってみましょう。






CIMG6697.JPG

                          わか杉バス到着






平成22年5月21日(土)きゅうりハウスを出発した一行は、
夕方宿泊地『わか杉』に到着しました。
最初から最後までお付き合いいただいたのが、このバスなんですね。

フロントガラスにある表示をいたしました。





CIMG6698.JPG

                      秋田・羽後町まるごと満喫ツアー






それと






CIMG6700.JPG

                           西又葵美田






美田?何の話?ってことになりますよね?
それは翌日5月22日に答えが明かされますので、もうチョイお待ちください。
この後、皆さんは室内で羽後町の長とご対面する事になります。






CIMG6703.JPG
                           
                            大江町長






CIMG6709.JPG

                           ようこそ羽後町へ! 






町長より挨拶後、登場してくれたのはミケーネの阿部さんでした。
この日の夕食は自分の手で作り上げたそばを食べるんです!


ええ。


羽後町のそばは有名なんですよ。
そば名人が沢山いますしね。
中でも有名な先生を今回お招きしております。


ミケーネ阿部さんの「手打ちそば教室」はコチラ






CIMG6711.JPG

                       私が先生ではありましぇんよ






この後先生に群がって指導を仰ぎます。






CIMG6744.JPG

                            なるほど〜






そして、皆さんチームに別れて今夜の夕食”手打ちそば作り”体験です!






CIMG6758.JPG

              そばのコシは要らない、俺たちの力でベルトを腰に巻くのさ






「美味しそうなそばを作っている方がいたんですよ〜」

「な〜に〜ッ やっちまったなー!」






CIMG6780.JPG

                 やっちゃった






長いことそば屋に勤めていたとか。
この方のそばは別格でしたね。
出来具合が・・・。

この後、食堂で自分の口で自分の手打ちそばを食べることになります。
そばだけではありませんよ。、
なんと羽後町飯沢地区で採れた山菜をトッピングすることにしました!






CIMG6790.JPG

                     こごみ


CIMG6792.JPG

                     こしあぶら


                             



CIMG6794.JPG

                     タラの芽






CIMG6795.JPG           

                野セリ シイタケ ニンジン






地元飯沢地区で全て採れたというんですからお見事です。
羽後町は山菜の宝箱なんです。
体育館から食堂へ向かう途中の廊下にこんな商品がズラリと。






CIMG6799.JPG

                            お馴染み






CIMG6806.JPG

                          お腹空いたよ〜






いい仕事をした後は腹も減るもの。
茹でて出来上がったそばに、山菜を盛り付けて完成です!










CIMG6849.JPG

                        茹でる時間にもこだわる







CIMG6821.JPG

                          ハイ!3番の方!






CIMG6817.JPG

                       コレ美味そうでやばいんじゃない






CIMG6810.JPG

                         いっただっきま〜す






そばを皆さん美味しそうに食べられました。
しかし、疲れた体には量が少なかったかも・・・。
そう思いまして、皆さんへあの”羽後牛カレー”を食べていただきました!


羽後牛カレーはコチラ







最初にご飯をよそってもらいましたが、この量が”まんが的”でした。






CIMG6816.JPG

                 だってお腹空いたんだもの






CIMG6819.JPG

                            うめぇ





w|;゚ロ゚|w ヌォオオオオ!!

ほとんどの参加者の方がこの位の盛の良さ!
皆さんペロリと食べてくれました。
この旅行で良く耳にしたのが、
「ご飯が本当に美味しかった!」でした。








CIMG6827.JPG

                         羽後牛カレーを食べる






CIMG6833.JPG

                           そして食べる






CIMG6859.JPG

                          なんて美味さ!




どんだけ美味しい?
JAうご産あきたこまちご購入はコチラ







西又先生はこんな感じで夕食を食べましたよ。






CIMG6855.JPG

                         みんなと一緒に食堂で






羽後町初日の夕食は腹一杯食べてもらいました。
自分も食堂で食べましたが、阿部さんのそばも羽後牛カレーも、
「とっても美味しいです」(AD堀くん風に)


この後は、この日最後のイベントであります”昔っこ語り”を聞いてもらいました。






CIMG6800.JPG

                         プロジェクター準備






スクリーンはこの日の為に新調しました。
途中準備の際、上手に設置できなかったのですが、
参加者の皆さんのお力のお陰で段取り良く進む運びとなりました。
この時は助かりました。
ありがとうございました!






CIMG6861.JPG

                         体育館に座って聞く






スタッフも全員ここに集結しましたよ。
語り手は羽後町では有名なこの方です。






CIMG6872.JPG

                            中川さん






中川さんは年間数百回も昔っこ語りの講演をしているとか。
NHKホールで3000人を前に講演をしたこともある強者です。






CIMG6877.JPG

                        かなり訛っていたけど






雰囲気は伝わったんじゃないでしょうか。
皆さん聞き入っていましたからね。
実はこのイベント、長距離バス移動で睡眠不足の為に、
寝る方が大多数を占めるのでは?
と不安を感じていたんです。
ところがドッコイ誰一人寝ている方はいなかったのです。


♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ スゴイッ!!!


こうして午後9時過ぎに昔っこ語りは幕を下ろしたのです。
この後、羽後町初日の夜に突入したのでした。
次の日5月22日はメインイベント満載です!
乞うご期待下さい!




◆今日の西瓜

TS3I03140001.jpg




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



















posted by jaugo at 21:33 | Comment(5) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

【AKTみどりの広場】の広場で羽後牛まんまフェスティバル放送

焦っていないJAうごの佐藤です。


先程、5月2日に五輪坂温泉としとらんどで開催されました、
羽後牛まんまフェスティバルが【AKTみどりの広場】で放送されました。


五輪坂温泉としとらんどはコチラ

AKTみどりの広場はコチラ


少し見るのが遅くて肝心の羽後牛を焼いている所は見逃してしまいました。


( ´△`)アァ-


こんな感じで放送されましたよ。
写メでパシャリ!






TS3I0306.jpg

                          恒例の餅まき 






羽後牛まんまフェスティバルは今年第3回目を迎えました。
BBQだけでなくGWの家族連れの皆さんと楽しむイベントもやってるんです。






TS3I0308.jpg

                            尻相撲





羽後牛まんまフェスティバルの詳しいレポはコチラ




午後から羽後町ツアーレポ書こうっと。




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------


JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。







posted by jaugo at 11:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2010年05月28日

ブログランキング

焦ってるJAうごの佐藤です。


ブログランキングボタンを上部に追加しました。
東北ランキング現在24位です!
す・すごい・・・。

不景気と騒がれている日本ですが、秋田県は羽後町から
元気を発信していきますよ!
ポチっとお願いします!

今日は焦っているのでこれでおしましです。



■今日の西瓜

ã�¹ã�¤ã�«å®�æ¤�å¾�ï¼�æ�¥çµ�é��ã��ã��ã��ã�¼ã�«ã�®ã��ã�³ã��ã�«ã... on Twitpic


----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------


JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。


posted by jaugo at 17:32 | Comment(3) | TrackBack(0) | その他

2010年05月27日

最高級きゅうり Vol.6

「きゅうりなう」が羽後町ツアーで一番笑ったJAうごの佐藤です。


ちょっと羽後町ツアー休憩です。

中々のハード更新だったのでお許し下さい。
気持ちを入れてレポ続けます。

さて、今回は最高級きゅうり Vol.6をお伝えします。

チョイときゅうりをのぞいてみましょう。






CIMG8052.JPG

                        出荷前のトラック荷台






「もしかして選別中かな?」と思い朝行ってみましたよ。
高橋さん宅に。

そしたらもう出荷状態になっていました。
全てがブラックダンボールに入る最高級のきゅうりが採れる分けではありません。

プラモじゃないんですから、全て同じ形や色の野菜は出来ません。


ブラックダンボール=業界では『ブラック』と呼ばれる


まだ収穫は始まったばかりですので、出荷量も少しです。
最盛期は現在の約10倍採れるんですよ。
その時は忙しくて多分取材拒否されるかもしれませんね。

今のうちに聞いておかないと。







CIMG8053.JPG

                        羽後町の給食センターへ







羽後町の学校給食にもJAうご産きゅうりは使用されています。
今日はこの位の注文がありました。
毎日献立にきゅうりがあるわけじゃないので、
毎日給食センターへ出荷があるのではありません。

まさに地産地消です。
子供達の元気で健康な体作りにも一役買っているんです。
ブラックは給食センターへ出荷しません)






CIMG8056.JPG

                           鮮度が大事






オレンジのコンテナの上に乗っている濡れた新聞紙分かりました?
鮮度を落とさない為なんです。






CIMG8067.JPG

                     濡れ新聞乗せてビニールで包む






大田市場へ向かうブラックは出荷所からトラックに乗り今晩には着きます。
しかしその間に鮮度は落ちるわけですので、それを防ぐ為にこの処理が施されます。
これでシャキッ感溢れるきゅうりを東京へお届け出来るんです。


ええ。


それでは今日のハウスを見てみましょう。






CIMG8079.JPG

                         ツルが背丈を越える






いつも同じ光景ではありませんよ、この角度の写真でも。
気付く人はその違いに気付くでしょう。

今日はとても寒かったんです。
最高気温16℃の予報でした。
ハウスへ入ったのは午後3時半過ぎでした。






CIMG8080.JPG

                    ハウス内15℃






CIMG8081.JPG

                     地温19℃






低温注意報発令中です。
明日はもっと気温が下がる予報が出ています。
これではきゅうりも大きくならないと高橋さんはお話してました。






CIMG8100.JPG
 
                         きゅうりリレー






大きくならなければ収穫量も当然少量です。






CIMG8101.JPG

                            どれかな〜






高橋さんの奥さん一人で収穫してました。
旦那さんはハウス周りを草刈りしてましたからね。






CIMG8103.JPG

                         ハサミでチョキんと




CIMG8108.JPG

                         草も短い内に打て!






なんでも事が大きくならない内に処理することを常に考えましょう。


★今日のスイカの苗

����������������� #akita #y... on Twitpic







----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。













posted by jaugo at 22:02 | Comment(4) | TrackBack(0) | きゅうり

2010年05月26日

西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.3

妹は羽後町の西又へ嫁いでいるJAうごの佐藤です。


羽後町には西又という地区があるんですよ。
西又地区は山間部で山菜もいいのが採れるんですよ。
そんな羽後町です。


さて、今回は西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.3をお伝えします。


櫻山さんで腹ごしらえした一行は三輪地区にあります、こまち野さんへ向かいました!





CIMG6476.JPG

                          イチゴハウス到着






CIMG6478.JPG

                      西又先生イラスト看板でお出迎え






ここは入り口から赤くて可愛いイメージで溢れているんですよ!






CIMG6482.JPG

                           フェミニン






こちらの販売担当であり、こまち野さんの顔であります”クミさん”から、
ハウスの説明やイチゴの説明をしていただきました。






CIMG6499.JPG

                      2万2000個のイチゴですよ






このハウスは横30M縦90M、温室面積2160uで、
イチゴは【とちおとめ、紅ほっぺ、あきひめ】の3種類を栽培しています。
練乳がサービスされイチゴ狩りがスタートしました!






CIMG6503.JPG

                         間違いないイチゴ






このハウスにはTVカメラ3台(AKT、ABS、NHK)他、各新聞社など
メディア何社来てるの?ってぐらいカメラが多くて、
この場所が一番写真撮影困難でした。

この場所で撮影された写真が後日新聞各社で掲載されにぎわいます。






CIMG6511.JPG

                          西又先生も一緒に






CIMG6522.JPG

                       グイグイ引っ張るツアー旗






前日夜、バス移動してほとんど眠っていない参加者の皆さん。
昼食後一番眠い時間帯なのにみんなが笑顔、笑顔、そして笑顔。
凄いテンションの高さに驚きを隠せません。






CIMG6535.JPG

                         食べた後は看板前DE






”クミさん”と一緒に写真撮影する方々もいました。
ハウス前の【駐車場】が【駐場車】と表示されていたのを発見し、
笑いの火山爆発したりしました。

そして最後にイチゴハウス前で集合写真撮影しました。
この絵も新聞に掲載されてましたね。






CIMG6547.JPG

                      他のイチゴはイチゴじゃない






この後、少し歩いてバスまで移動しました。






CIMG6551.JPG

                   眠気を寄せ付けない軽快なステップ






マックスバリュー西馬音内店に立ち寄り、
宿泊地の【わか杉】へ向かうのが行程の予定でしたが・・・。
サプライズがありました。


ええ。



わたくし、JAうごの佐藤がblogで追跡ドキュメントしています、
日本一のきゅうりシリーズがあるんですが、
その日本一のきゅうり、【JAうご産きゅうり】を実際に参加者の目に、
焼き付かせたかったのです!


最高級きゅうり Vol.1はコチラ

今後もきゅうり特集は続きますし、
秘密は小出ししますのでこちらも目が離せませんよ。








CIMG6568.JPG

                            バス到着






ここは塩出という地区であります。
周りは田んぼに囲まれて風が強く、
その為、生産者の方はハウス栽培にいち早く切り替えたんです。






CIMG6574.JPG

                          雑誌編集長も同乗






CIMG6582.JPG

                            大撮影会






このハウスにはいつも自分がおじゃまして写真やきゅうりの成長を確認してます。
日々勉強してます。
この日はこのハウスにスタッフ含め約50人の人が集いその様子にビックリしました。






CIMG6553.JPG

                     室温30℃






CIMG6554.JPG

                     地温27℃






CIMG6567.JPG

                        王様のきゅうりハウス







CIMG6555.JPG

                 KING OF きゅうり






きゅうりに関しては追跡ドキュメントしている関係で思い入れが強いです。
写真多めにしますが、それは我慢してチャンネルはこのままで。






CIMG6585.JPG

                          おジャマしま〜す






田植えの多忙な時期にハウスへおじゃまして生産者の高橋さんには申し訳ないです。







CIMG6587.JPG

                         こんなにゾロゾロと






CIMG6597.JPG

                        高橋さんの奥さんが説明






女性陣へ丁寧にきゅうりのことを教えてくれたのは高橋さんの奥さんでした。
奥さんは西又先生のお顔は存じあげておりませんで、

「西又先生ってどなた?」高橋ママ

「私です。」西又先生

「えッ!」高橋ママ

こんな一面もありましたよ。






CIMG6612.JPG

                        日本きゅうり界の巨匠






今一度説明しますよ。
何故日本一のきゅうりなのかを・・・。

JAうご産きゅうりは大半が質・量ともに日本一の取り扱いを誇る、
大田市場へ出荷されています。
一日当たり青果の取り扱い量は3000tと言いますからそのスゴさが分かります。

w(゚o゚)w オオー!

その日本一の市場で最も高品質と賞賛され、
「国産きゅうりの相場を引っ張ていますよ」と言われているのが、
JAうご産きゅうりなのです!

お分かりいただけましたでしょうか?
量より質にとことんこだわった農産物がここにあるんです。
JAうご産あきたこまちだけじゃないんですよ。

農家の並々ならぬ努力があるんですから。
この説明を参加者の方々へ、わたくし佐藤がさせていただきました。






CIMG6624.JPG

                        高橋さん夫婦と西又先生






この日は5月21日です。
実はこの数日前からきゅうりの収穫が始まったばかりだったんですよ。
まだまだまとまった量のきゅうりは採れませんので出荷量もごくわずかだったんです。

しかーーーし!
羽後町ツアーの方々に是非、日本一のきゅうりを食べていただこうと、
高橋さんはこの日朝採りしたきゅうりを冷蔵庫で冷やし全員へ配布したんですよ!

何と素晴らしいおもてなしの心でしょうか!
正に『なえんもねんしども』ですよ、羽後町民らしさが伺えました。






CIMG6640.JPG

                            食べる






CIMG6663.JPG

                           そして食べる






CIMG6665.JPG

                        主食でいけるんじゃね?






JAうご産大豆で作った”味噌”を付けて食べてもらったんですが、

「きゅうりも味噌も美味しい!」

「味噌商品化すれば!」

「4本食べました!何本でもいけますよ!」

こんな意見をいただきました。
嬉しい限りでした。
ハウスで消費者のしかも約50人の皆さんの意見を聞けるなんて、
めったにある事じゃありませんからね。

「このきゅうりどこで売ってるんですか?」


当然こんな質問をいただきました。
【なえんもねんしども】ご覧の皆様にだけ教えちゃいますよ。

大半が大田市場に出荷されるJAうご産きゅうり。
その半数以上を販売するお店が実はあるんです。

それは・・・




林フルーツさんです。
このお店にはあるこだわりがあるんです。

商品に精通した目利き(仕入れ責任者)が毎朝、
質・量ともに日本一の取り扱いを誇る大田市場に赴き、
自分の目と鼻と舌で確かめた商品を厳選して調達。

この様にサイトでお店の説明がありました。
要は日本一いい物にこだわった食材を販売してるお店なんですね。

JAうごとしてこんなに素晴らしいお店で、
商品を販売していただけるなんて光栄なことです。
林フルーツさんありがとうございます。

林フルーツさんは東急ストアにメインで出店されています。
ただ、出荷量や時期によっていつもJAうご産きゅうりが販売しているとは限りません。

全店舗で販売しているかどうかも分かりませんからね。
詳しくは林フルーツさんに聞いてみて下さい。


林フルーツさん詳細はコチラ






JAうご産きゅうりは手作業で最高の品質を選別しています。
作り手がいい物にこだわっているので全て最高の物を追い求めています。
その中でも秀逸なきゅうりをある入れ物で出荷します。

それがこれです。






CIMG6673.JPG

                    通称ブラック(ブラックダンボール)






大田市場の方とJAや生産者と交えて打ち合わせを重ねて、
作り上げたダンボールがこれなんです。
通常のダンボールと比較したらその異質は群を抜きます。
特別に西又先生に持ってもらいました。

西又先生はいつも快く写真撮影を承諾してくれました。
いつもいつもありがとうございます。






CIMG6686.JPG

                        ブラックダンボールと白玉






白玉は西又先生所属するNavelのマスコットなんですね。
その白玉をBBにいれてみました。

高橋さんこの日は本当にありがとうございました。
予想以上にきゅうりを見て食べて喜んでもらい、
サプライズで急に行程へ挟んだ企画でしたが大成功でした!

この後は宿泊地【わか杉】へ一行は向かうのでした。
次回もご期待下さい。




◆キラーマシーン

先に風呂に入っていた息子に続いて風呂に入った時の話。

「父さんやったよ!風呂場の蚊を殺したよ!」息子9歳




(´ヘ`;).




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。
posted by jaugo at 22:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

2010年05月25日

西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.2

「痛車って何?」って困っている人には親切に説明しているJAうごの佐藤です。


今日も曇り空でしたねぇ。
雨もパラつきましたしね。
明日予定されていた羽後町小学校陸上競技大会は延期されましたよ。
そんな羽後町です。


さて、今回も引き続き大好評シリーズ第2弾。

西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.2をお伝えします。






TS3I01530001.jpg

                         西馬音内盆踊り会館





羽後町と言えば日本三大盆踊りの一つを数えます【西馬音内盆踊り】が代名詞です。

JAうご産あきたこまちや美少女イラスト関係以外で、
羽後町を全国的にその名をはせるといえば西馬音内盆踊りしか、
一昔前まではありませんでした。

この重要無形文化財指定を伝える西馬音内盆踊り会館へ、
バスは向かったのです。




★2009 西馬音内盆踊り(国指定重要無形民俗文化財)







定期公演もやってます。





IMG_1538.jpg

                           小ホール






羽後町観光物産協会の佐々木さんが説明してくれました。
あんな事やそんな事、西馬音内盆踊りについて教えてくれました。






IMG_1540.jpg

                            立派な内部







西馬音内盆踊り会館はコチラ


参加者の皆さんは聞く耳を大きくしてましたね。






IMG_1547.jpg

                         グッズも販売中




IMG_1548.jpg

                    館内は西馬音内盆踊りの空間を作り出す






こうして、5月21日羽後町最初の観光スポットをバスは後にします。






CIMG6413.JPG

                           晴れてきた







この時、お昼の時間となりました。
一行は昼食場所のここへ向かいました。






CIMG6420.JPG

                        櫻山(おうざん)さん





櫻山さんの詳細はコチラ





コチラの櫻山さんは景色が素敵なんですよね。
名園でありますし、建物もいい味出てるんですよ。
建築のボキャブラリーは乏しいのが少し痛手なJAうごの佐藤です。






CIMG6431.JPG

                    オレンジカラーが映えるのなんの






お腹が空いた一行は羽後町を代表する食材を口にすることになります。
早くもね!







CIMG6436.JPG

                       羽後牛和風ローストビーフ丼






羽後牛の詳細はコチラ


うご牛オンライン購入するならコチラ


モバイル購入ならコチラ








自分もまだ食べたことないのに・・・。
参加者の皆さんは幸せ者ですよ!






CIMG6440.JPG

                          メニュー説明




食べる前に櫻山さんの榎本さんが丼の説明をしてくれました。
ヨダレが出るほど食べたかった〜。
ゴクリ・・・。

そして櫻山さんと言えば、有名なのがメイドさんですよね。






CIMG6456.JPG

                            4メイド





メイドさんは参加者の皆さんに大人気でしたよね。
一緒に写真撮影している方も沢山いましたよね。

もう一つ櫻山さんといえば忘れてならないのがコレ!






CIMG6434.JPG

                    西又先生イラストパッケージ”ラスク”





昼食後このラスクを購入されている方も沢山いましたよ。

そういえば、このツアー中みんなが来ているハッピですが気になりませんか?
実は、こういった文字が刻まれているんです。






CIMG6462.JPG

                 2010羽後町ツアー






このツアーハッピ最高でしたよね。
自分もやっと今日このハッピを入手しましたよ。
忘れられないハッピです。

ここでもう一つご紹介しましょう。
このツアーで忘れられない3人の登場です。




CIMG6474.JPG

                           目立3人の侍






このツアー旗を製作してくれて、秋葉原出発の時も大いに目立っていたというこの3人です。
この旗が最後に素敵な1ページを刻んでくれるんですよ。


ええ。






P5220169.JPG

            西又葵と行くイラストの町羽後町まるごと満喫イベント






こうして腹ごしらえした一行はこの後、体験ツアーに向かうのでした!
次回もご期待下さい。




◆知らぬふり


娘との会話。

「今日図書館行ったんだよ〜」娘6歳

「ほぉ、なんて本読んだの?」父

「人気者の初恋」娘6歳




「初恋って意味分かんないけどね!」娘6歳

(-。−;)




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごモバイルショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。
posted by jaugo at 23:56 | Comment(6) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

2010年05月24日

西又葵先生といく羽後町満喫ツアー2010 Vol.1

「busってブス?って思ったの俺だけじゃないでしょうよ」と、
思っているJAうごの佐藤です。  


今回から壮大なシリーズが幕を開けます。
そうです、勿論こちら・・・

”西又葵先生といく羽後町満喫ツアーシリーズ”です!


詳細はコチラ


時は平成22年5月20日(木)午後10時。
東京は秋葉原から羽後町を目指してバスが出発です。
この日、東日本は雨や曇りでした。

しかし、バスが出発した午後10時の東京は雨が止んでいました。
これからの夢のステージを天気も歓迎してくたのです。


ええ。


高速SAで数回休憩を加え、幻想的な朝靄に囲まれてバスは秋田県に突入しました。
移動時間約9時間半、羽後町は飯沢地区にあります元飯沢小学校、
”わか杉”にバスは到着しました。







CIMG6111.JPG

                         わか杉はコチラ




CIMG6329.JPG 

                         来たきたーーーッ




午前6時30分頃からバスを待っていましたよ!






CIMG6334.JPG

                         ようこそいらっしゃい!






長旅お疲れさまでしたね。
バス内は”どうでしょう状態”でほとんどの参加者の方が眠れず、
起きたままでした。
バス下車でお待ちしているのは、西又先生やJAうごの越前組合長達でした。






CIMG6381.JPG

                         おはようございます!






この時、午前7時30分頃です。
参加者の皆さんは疲れた顔一つせず元気に下車しました。
「前の日眠れなかったぁ」と言っていた参加者もいましたが、
自分も興奮でほとんど眠れませんでした。

バス到着場所付近には歓迎の横断幕も準備しましたよ!






CIMG6395.JPG

                        Wellcomeようこそ羽後町へ!






この後、わか杉へ入りました。






CIMG6405.JPG

                        ほんとだ!小学校みたい






元小学校を改装して出来上がったのがここ”わか杉”です。
この後、朝食やシャワータイムといった少しだけフリータイムとなりました。
羽後町といえば、飯沢地区といえばこの時期”山菜”です。
朝食をご覧下さい。






CIMG6314.JPG

                        みんなが来る前の食堂






きれいな食堂ですよ。






CIMG6315.JPG

                           山菜で歓迎






うど、わらび、あえっこ、たけのこ、あいこ、タラの芽、うるい、
山ワサビ、椎茸のオンパレードで歓迎しました。
(分かるかな?)






その後、午前10時より歓迎会を開催しました。
ここでは西又先生や羽後町副町長や組合長の挨拶や、
ツアー内容説明が行われました。

ここで、司会進行は全日本アマチュア司会大会があったらおそらく、
日本一と賞賛されているJAうごの安藤がマイクを持ちます。


安藤の前に笑いなくとも、安藤の後に笑いあり。



羽後町では有名な格言です。

IMG_1475.jpg

                        「ようこそ」を胸に刻む






IMG_1479.jpg

                           佐藤副町長






笑いが






IMG_1483.jpg 

                           越前組合長






テンション高いとツイートされちゃった






IMG_1499.jpg

                          企画発案の佐々木






IMG_1513.jpg

                         安藤のギャグに・・・






IMG_1516.jpg

                            コケる






IMG_1516.jpg

                           またコケる






このツアーに笑いというスパイスをかけてくれたのは間違いなく安藤であります。
この歓迎のセレモニーで疲れたみんなを元気にしてくれました。






IMG_1523.jpg

                         オレンジ色の・・・






羽後中学校といえばオレンジカラーです。
西又先生のNavelもオレンジカラーなんです。
参加者の皆さんにツアーハッピが渡されました!

このハッピを全員が身にまとい羽後町を3日間練り歩きましたよ。
遠くから見ても目立って目立ってしょうがなかったですよ。


ええ。


この後に記念撮影をしましたよ。






IMG_1525.jpg

                            個人写真






IMG_1530.jpg

                            集合写真






この撮影が後々重要な意味を成すのです。
この後、羽後町満喫ツアーバスはわか杉を出発し西馬音内へ向かいます。
次回をご期待下さい。






----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



 
posted by jaugo at 23:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

2010年05月23日

羽後町満喫ツアー新聞掲載

”眠さは気力で克服できる”を久々に実感しているJAうごの佐藤です。



twitter_ugo.png



参加者の皆さんが笑顔で秋田を出発していきました。
一生懸命お見送りしましたよ。
本当にお疲れさまでした!

”マスコミ力(じから)”が強く分かった部分だけお知らせしますね。
昨日も今日も朝食堂で新聞を広げみんなで見ましたよ!
TVでも放送されましたしね!

今回はあえて、内容をお伝えしません。

明日からじーーーーーくっりお伝えしますよ。
沢山写真撮影しましたからね!
参加者の皆さんは必見ですよ(-^o^-)



河北新報社はコチラ

読売新聞はコチラ




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。




posted by jaugo at 20:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

2010年05月22日

リアル羽後町満喫ツアー情報!

ゆっくりしたレポートはツアー後にお伝えしますよ!
期待して下さいね。

リアル情報はコチラからどうぞ!


twitter_ugo.png



----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



posted by jaugo at 06:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

2010年05月18日

羽後町ツアー先行体験生中継!〜ABSラジオ襲撃の巻〜

靴下をすぐ抜いじゃうJAうごの佐藤です。


カエルの声がこだましてきましたよ。
代かき、田植えの準備は整いました。
ツアーの受け入れ態勢は整いつつある羽後町です。


さて、今回は羽後町ツアー先行体験生中継!〜ABSラジオ襲撃の巻〜
についてお伝えします。

またまたJAうごにお姉さん達がやってきましたよ!
1月の”ふくたち”取材以来の登場です。

1月の・・・
ABSラジオ番組・ごくじょうラジオに出演!はコチラ


前回も急なお話でしたが、今回もギュンギュン!といらっしゃいましたよ。(意味不明)




ABSラジオ ラジPALSはコチラ







01ai_yuki.jpg

                        1月26日のお姉さん達


前回はyukiさんとaiさんのコンビでしたが、
今回ayanoさんとyukiさんのコンビでした。

今回の突撃取材は、5月20日から23日までの羽後町ツアーを、
「一足先に体験しちゃいたい!」ってな訳なんです。

そこで、ラジPALSのお二人には様々なイベントの中から3種類を
厳選して体験していただきましたよ。


先ずはコチラ、こまち野さんのイチゴ狩りです。






CIMG6133.JPG

                          ポッカポカ陽気




羽後町でいちご狩りと言えば?はコチラ




先ずはコチラでイチゴ狩りを体験していただいて、
とっーーても甘いストロベリーを食べていただきましたよ!






CIMG6135.JPG

                     イチゴちゃんってあなたですか?






CIMG6151.JPG

                       子供から大人まで大人気






このハウスは通年イチゴの栽培をしています。
ここでツアー参加者の皆さんはいい匂いとイチゴの可愛らしさ、
そしてポッカポカハウスで腹一杯食べてもらいましょう。

「甘ーーーーいッ!」(スピードワゴン風に甲高く)




2番目の体験は・・・
田植え体験です!

田植えはこの日、まだ羽後町で行っている農家はほんのわずか。
そこで数少なかった農家の中から無理を聞いてくれた方がいたんです。
その方は、以前ブログでお伝えしています平柳さんでした。
この平柳さんは現在”なえんもねんしども”で追跡ドキュメントをしています、
最高級きゅうりの部会長さんなんです。


JAうごきゅうり部会 & 最高級きゅうり Vol.3はコチラ



平柳さんは田植え機にラジPALSと自分を乗せてくれて、
田植え機を走らせてくれたんですよ。
yukiさんは大興奮!






CIMG6163.JPG

                        日本一田植え機が似合う女性






田植え中継中に大型トラックが田んぼのを横を走行し、多分ラジオを聞いていたらしく、
「パン!パーーーーーーン!」とナイスクラクションのBGMも入って、
いかにも生中継の臨場感満載でしたよ。


そして最後の体験です。


3番目の体験は・・・
スイカ植え体験です!






CIMG6190.JPG

                           黄色つながり




JAうごのスイカと言えば、間違いなく甘くて美味しいスイカで有名です。
今までの発想を覆す、割って食べなくても糖度や空洞などが分かる、
素晴らしい施設があるんですからね。
その為、JAうごのスイカ生産農家は、
高品質のスイカを栽培する技術を持っている匠ばかりが揃っているんですよ。

光センサーのスイカ選果場と”夢あきた”はコチラ





「ツアー参加者の皆さんは上手にスイカを植える事が出来るでしょうか?」ayanoさん


「誰でも出来ますよ。素直な心を持っていればね!」佐藤西瓜部会長


ドッヒャ―――(゚◇゚ノ)ノ―――!!


さすが、日本一のスイカを作る部会長さんの発言でした。
天皇陛下にも献上している歴史と伝統、
そして現代科学の力を融合したスイカ作りの親分らしい、
笑顔で笑いをかぶせた一発でしたよ。


JAうご西瓜部会はコチラ







CIMG6213.JPG

                    ラジPALS金メダル級の笑顔でフィニッシュ






こうして羽後町ツアーで行なう3つの体験を一足先に体験した、
ラジオレポーターのお姉さん達でした。
羽後町の手の込んだ愛情あふれる質の高い農産物に驚きっぱなしでしたよ。

自分も3つの体験だけで充分楽しめました。

マジで。

3泊4日のツアーはとんでもなく楽しくなるのは間違いありません。
今回のツアー内容をみますと羽後町民でも楽しくなりますよ。
やろうと思っても出来る内容ではないですから。

こんなチャンスは先ず無いと言って過言ではありません。

羽後町で思い出いっぱい、胸いっぱい、そして腹一杯になってほしいです。
地元羽後町民と一緒に楽しみましょうね。
日に日にコチラも盛り上がってきましたよ。

昨日5月17日のABSラジオ生中継、今日5月18日はAKTのTV放送。
秋田県内には羽後町ツアー情報が流れまくりです!

秋葉原を出発の5月20日まで後たった2日です!
参加者の方々は体調を整えて来て下さいね。
お待ちしています!




◆ツバメ返し


怒ったけど逆に負かされた話。

娘6歳と息子4歳が同時に話しかけてきた。

「2人一緒に話しても耳1つしかないからダメーッ!」父

「えっ?パパ耳1つしかないの?」娘6歳


「2つあるじゃん」娘6歳



( ̄▽ ̄;)


----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。




posted by jaugo at 23:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 羽後町満喫ツアー

2010年05月15日

最高級きゅうり Vol.5

『NHKのど自慢』予選会のご案内が届き予選会出場が決定したJAうごの佐藤です。

そのハガキに湧き上がる羽後町です。


さて、今回は最高級きゅうり Vol.5についてお伝えします。


チョイときゅうりをのぞいてみましょう。






CIMG5741.JPG

               ハウス内42℃(5月11日撮影)






この日はとても暑かったんです。
ハウス内の温度はこれほど上昇するんですよ!
地温は28℃でした。
この数日後から雨空に変わり低温になっていきます。

この頃は定植時にかけたビニールトンネルを外しました。
それともう一つJAうご産きゅうりならではの作業に入りました。
コチラを追肥です。






CIMG5746.JPG

                            VS堆肥






VS堆肥とは・・・
VS菌という有効微生物を添加し籾殻ベースの堆肥の事なんです。

この堆肥を使用する事で「健全な土壌」を作り上げ病害虫に強くなると共に、
強い根を作り上げ、農薬を極端に減少させて栽培を容易にし、きゅうりの品質・収量の安定、
「安全で健全な農産物」の供給が可能です。

「じゃ、最初からVS堆肥かければいいのでは?」と思われるかもしれません。

定植後から細心の注意を払い、根を伸ばす事に努力します。
ここで必要なのは普段以上に気配り目配りを要する温度管理です。

温度管理はハウスの開け閉めで行います。

温度が低いと伸びませんし、高いと苗が焼けてしまいます。
地温が高くなった頃合いを見て、株元に水をかけます。
そうして徐々に徐々に根が伸びてつるも伸びていくんですね。

きゅうりはつるの長さと根の長さがほぼ同じだと言われています。
つるが長くなり、充分に根が伸びたことを確認したところで、
株元にVS堆肥をかけるんです。






CIMG5744.JPG

                  根付いた所へ追肥






根が短いと株元に水をかけても効果がありますが、根が伸びるとそれ程効果が高くありません。
そこでマルチの下に通る潅水チューブに水を通し水をやるのです。

基本的であり重要なポイントを説明します。

水を与える事は、野菜の命である水分補給になりますが、
気化熱で地温を下げる作用も行われる事から成長を遅らせる事にも
繋がります。
毎日定期的に水を与えることは出来ないのです。

きゅうりは野菜の中でも95%が水分という正に水が命の野菜です。
その野菜に水をやらずして成長させるのですから”腕”が必要なんです。

この日の後から低温、雨模様になり水を与えられなくなるんです。






CIMG5919.JPG

              ハウス内10℃(5月14日)





CIMG5920.JPG

                   地温14℃






この寒暖の差の凄さお分かりいただけましたでしょうか?
人間だったら誰しも調子が悪くなりますよね。
きゅうりは服を着こむわけでもなく、暖房を入れるわけでもないのです。

ビニールを使用して最善の温度管理を施します。
ハウスの開け閉めと、水を与えるタイミングが生命線になってきます。
高橋さんは夫婦できゅうり栽培を行っており、
どちらかが絶えずハウスにいらっしゃって細心の注意を払っています。

きゅうり作り30年の経験と絶え間ぬ努力が実を結んでいます。
長年記録しているノートは夫婦各自で毎日記録しているんだとか。

「足りない部分は共に補う事が大切」

と奥さんがお話してくれました。
また、旦那さんも常に上を目指したきゅうり作りをしている為、
今でも布団に入りきゅうりの本を読んでいるんだとか。

秋田県種苗交換会で3年連続TOPの高橋さんが、
今でもこれ程努力をしてる事に驚きを隠せませんでした。
きゅうり会のイチローですよ。

1位に甘んずることなく更なる美味しいきゅうりを作るその情熱に熱いものを感じました。






CIMG5755.JPG

                          寡黙な努力家






5月11日にハウス内42℃、地温28℃。
5月14日にハウス内10℃、地温14℃。

ハウス内の温度差32℃、地温差14℃。
マルチを設置する事により地温の幅を狭くすることが分かりました。

そして、今日ハウスへおじゃまするとこんな作業をしていましたよ。






CIMG5945.JPG

                           通路へ追肥






通路が黒っぽくなっているのがお分かりいただけますでしょうか?
コチラの有機肥料をまいていましたよ。






CIMG5944.JPG

                大きくなれよ






根が伸びると株元やつるの真下にだけ肥料を与えてもダメなんです。
通路にも追肥する事でより健全なつるへと成長する訳なんです。




CIMG5952.JPG

                          今日の全体像






CIMG5946.JPG

                   ハウス内25℃






CIMG5947.JPG

                    地温17℃






相変わらず地温は安定していますね。






形のいいきゅうりを作り上げる為のテクニックを発見しましたよ。






CIMG5949.JPG

                   下の葉が無い






分かりますか?
丸印にきゅうりがなっていますよね。
その下にあった葉を取り除いているんです。

”葉かき”という作業です。

葉にぶつかるときゅうりは変形しますので、形が悪くなります。
品質が落ちるどころか形が悪すぎると出荷すら出来ないのです。
日本一高品質きゅうりの名産地ではこんな作業をしているのです。


アップできゅうりを見てみますよ。






CIMG5955.JPG

                         もう携帯抜かれる






長さも太さも立派になってきました。
こうなれば見る見る成長しますよ!
次回もご期待下さい。





◆怖い話


不気味な話をテレビで放送していた時の話。

「鳥肌立った〜」息子9歳




「コケコッコーッ!」息子9歳




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。







posted by jaugo at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | きゅうり

2010年05月13日

羽後町でいちご狩りと言えば?

”スナナレ会”が気になるJAうごの佐藤です。


友人のお母さんが今日の寒さなのに我慢出来ず山に入って、
「ぜんまい」と「ほんな」をを採って来たんですって!(山菜)
そんな勢いがある羽後町です。

さて、今回は羽後町でいちご狩りと言えば?をお伝えします。

西又先生と行く羽後町ツアーまで1週間となりましたね。
JAうごは準備で忙しくなってきましたよ!
オメガビジョンの方も東京より来て頂いて最終確認をして昨日お戻りになりました。

ツイッターのハッシュタグは#ugotourにしましたよ。
どんどん皆さんつぶやいて下さいね。
「つぶやき」楽しみしてますよ

来週のツアーは、
羽後町を胸いっぱい腹いっぱい想い出いっぱいになっちゃうツアーなんです。

その中で、5月21日(金)午後1時30分から午後3時30分まで
予定されております【こまち野ハウスでいちご狩り】の情報をお届けしちゃいますよ!






CIMG5904.JPG

                         横30M縦90Mハウス






コチラはご存知こまち野さんです。

販売担当で白いお肌で秋田美人の佐藤さんがお迎えして下さいました。






CIMG5905.JPG

                           可愛い入り口






西又先生描き下ろしの”うご野いちごちゃん”でお馴染みですよね!






CIMG5906.JPG

                           デ・デカイ







このハウスは温室面積2,160uで何と2万2000個ものいちごを植えているんですよ。
スゴイですねぇ。

w( ▼o▼ )w オオォォ!!






CIMG5913.JPG

                            観光農園







こまち野さんには、とちおとめ、紅ほっぺ、あきひめ、3種類のいちごを栽培しております。
オンライン販売からいちご狩りなど沢山お取り扱いしているんですよ。






CIMG5912.JPG

                            デカ過ぎ






いつもの携帯がこれ程小さく見えるイチゴとは・・・。






CIMG5918.JPG

                          練乳サービス






小学生や子供達、家族連れで大賑わいする場所なんですよ。
羽後町ツアーで50人がハウスに入っても全く心配ない大きさです。
腹いっぱい”いちご狩り”しちゃいましょう!


こまち野さんはコチラ






◆人間見た目ではない


トイレを開けてビックリした話。


息子4歳が孔子の論語を読んでいた。




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。





posted by jaugo at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2010年05月12日

直藩栽培研究会

コブラではドミニクが好きなJAうごの佐藤です。

来る平成22年6月6日に開催されます町制55周年記念”NHKのど自慢”に、
参加申込みで、書類選考通過した方へ通知が届いているそうです。

自分もピンで申し込んでいますが、往復はがきが届きません。
ダメでしょうか・・・。
出たいんですけど、NHKさん。
この場で訴えてもダメでしょうか。


ええ。


そんな思いを胸にいだいている町民に溢れかえっている羽後町です。


さて、今回は直藩栽培研究会をお伝えします。

直藩(ちょくはん)とは(じかまき)の事であり、
苗を植えるのではなく種籾を直接播く事なんです。

ここでは、お米の種籾を田んぼに直接播く事を指します。

JAうご直藩栽培研究会は現在10町歩の面積で頑張っています。
会員数は10名で、4年前の平成19年に発足しております。

なぜ直播研究会が発足したかといいますと、
農業高齢化、低コスト化、労力低減化、県が進めている事等がきっかけとなっています。

田植えと言えば、ハウスを立てて苗を作り、
温度管理する大変な作業が事前準備としてあります。
その大変な手間ひまを削除する事が出来るんですね。

ただ、苗を育てないで種籾を直接播くのですから成長が遅く、
稲刈りが通常より10日程遅くなります。

その為、田植えが早いんですよ。
今週月曜日の5月10日から直播栽培研究会による田植えが実施されました。






 CIMG5686.JPG

                      雨も降らず最高のコンディション






直播きでは雨が降ると環境的にはよくありません。
風はそれ程悪影響は及ぼしません。
通常の田植えとは違うんですね。






CIMG5699.JPG

                            側条肥料






CIMG5701.JPG

                        カルパーコーティング






酸素供給剤という粉を種籾にまぶす事をカルパーコーティングといいます。
カルパーコーティング機によって行います。

「何それ?」ってことですよね。


田植機で代かきした田んぼの土に種籾を入れます。
この時に種籾が呼吸しないと育ちません。
芽が出ませんし成長しません。

種籾が死んじゃいます。

そこで酸素供給剤を身にまとい種籾に呼吸してもらうんです。
人間で例えるなら酸素ボンベを着用するって訳なんですね。






CIMG5724.JPG

                         目詰まりチェック






雨や機械の故障で種籾が出ないことがあります。
それを確認する為に田植機に3人乗車しているんです。

今後直藩の面積は拡大すると予想されています。
あきたこまちは進化していますよ。
農業も進化を遂げています。




★お米直播き







◆さすが我が子


ユニクロのNEW BRATOPが新聞に掲載されていた時の話。

「この4人のお姉さんの中で誰がいい?」父


山田優を指差した息子4歳に合格点!


(>▽<)b OK!!




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。














posted by jaugo at 22:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | お米

2010年05月11日

スイカもお米も本稼動へ

足がしびれているJAうごの佐藤です。

羽前町という町はなさそうですよ。
ここは羽後町です。


さて、今回はスイカもお米も本稼動へをお伝えします。


本当にいいお天気が続いています。
ドンドン農作業が進みます。
田んぼは耕起がほとんど終りを告げ、代かきの準備に入っています。






CIMG5444-1.JPG

                          順番に田に水を






耕起作業が終わったら水を入れるんですが、
みんなこぞって水を入れることは出来ません。
限りが有りますからね、そんなに濁流から水を引くわけではありませんので、
順番に順番に入れていきますよ。

早い人は代かきが終わった方もいました。
すると、こんな心休まる瞬間に遭遇しましたよ。






CIMG5545-1.JPG

                           鴨がスイスイ






何をしてると思いきや・・・。






CIMG5549-1.JPG

                           餌を求めて






虫でも食べている様です。

代かきが終わると一面が海の様になります。
すると、カエルの声が一声にこだまして季節を感じさせてくれます。

「ゲロゲロゲロゲロ、クワックワックワ!」


さて、スイカの生育はこんな感じですよ。






CIMG5670-1.JPG

                           トンネル内






スイカのつるは地をはいますので、横に伸びていきます。
順調ですね。

羽後町ツアーでスイカ植えする畑はこんな感じです。






CIMG5668-1.JPG

                             OK牧場






トンネルも設置しましたし、いつ来てもスイカの苗を植えられる状態になりました。


そして、先日もお伝えしましたが【ひばり】の卵は、昨日時点でまだ孵化してませんでした。






CIMG5673-1.JPG

                             ほら






CIMG5453-1.JPG

                            ほらね






小さいですよね。
可愛いんですよ。
優しく見つめていきたいと思ってます。
そして孵化したヒヨコの写真を撮れたら最高です。
外敵にやられないように神様に願います。




◆最近のウェディングソング


機嫌が良かった息子4歳の話。


朝ご飯を食べながら【木村カエラ Butterfly】を鼻歌で歌ってた。




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。







posted by jaugo at 07:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイカ

2010年05月09日

最高級きゅうり Vol.4 & Happy Birthday

パジャマで、お・じゃ・ま・したいJAうごの佐藤です。


大荒れしなくていい天気ですよ。
雲の切れ間からキレイなサンシャインが覗いている羽後町です。


さて、今回は最高級きゅうり Vol.4 & Happy Birthdayをお伝えします。


チョイときゅうりをのぞいてみましょう。




CIMG5464.JPG

                         成長速度恐るべし






きゅうりの成長は早いです。
あっという間にトンネルの高さを越えてしまいましたよ。
さすが収穫は朝夕2回必要と言われる野菜だけあります。

キレイなきゅうりの花が咲きましたので、寄ってみますね。






CIMG5463.JPG

                           美しい黄色






素敵な感じでしょ。
昨日5月8日午前撮影したものです。
この時の温度は・・・。






CIMG5454.JPG

                    ハウス内23℃






CIMG5455.JPG

                     マルチ内18℃






伸びがいいきゅうりはこんな風です。






CIMG5465.JPG

                      携帯と比較






今回初登場の携帯比較ですが、きゅうりは背が高すぎて比較になりませんね。
残念ですが恒例のこのシリーズは今回で終りを告げますよ。

背が高くなれば横に倒れますよね。
その為に、茎を支柱に止めるんです。






CIMG5506.JPG

                      3箇所止め






CIMG5507.JPG

                     白いテープで






このテープを【テープナーテープ】と言います。
こんな道具でパチンと止めるんですよ。






CIMG5479.JPG

                         マックステープナー






JAうご購買店舗で販売中です。






CIMG5532.JPG

                          パチンパチンと






★マックステープナーできゅうり止め








さて、きゅうりの花を横から見るとビックリしますよ。
コチラをご覧下さい。






CIMG5500.JPG

                      花の後ろに






分かります?
きゅうりが出来てるでしょう!
花の後ろにきゅうりがなってきたんですよ!

可愛いですよね。
大きさはこの位です。






CIMG5513.JPG

                          この比較は正解






きゅうりに花が咲いた事でハウスにお客様が登場しました。
嬉しいお客様です。






CIMG5521.JPG

                             蜂






ハウスの外に2匹確認しました。
花の蜜を吸いに来るんです。

きゅうりは花が大きいと良いきゅうりがなるとか。
そして、蜂が蜜を吸うことで先細りしない太さが均一のきゅうりが出来るんです。

生産農家の高橋さんはハウス内に蜂を意図的に離していません。
どこからともなく蜂が集まってくるんですよ。
よく分かる蜂達ですよね。

このきゅうりが一番早く出荷されるきゅうりです。
5月末頃の予定ですが、今年始めの寒さでどうなるかまだ分かりません。
でも、確実に育ってきていますので楽しみです!




今回もう一つ特別なご報告があるんです。

数々の高品質きゅうりを栽培し好成績を収め、
追跡ドキュメントシリーズの対象農家であります高橋さんが、
5月7日、めでたくお誕生日を向かえました!

おめでとうございます!







CIMG4929.JPG

                         Happy Birthday パパ






パパとなっていますが、お孫さんもいるんですよ。
可愛いお孫さんにはお二人ともメロメロの事でしょう。
こんなに若いおじいちゃんおばあちゃんだったら誰でも嬉しいですよね。

私、誕生日に高橋さんへケーキをプレゼントする事にしました。
いつもいつもお世話になっておりますのでチョイと考えました。


きゅうりとケーキと高橋さん・・・。


「整いましたッ!」(当然ねづっち風に)


バースデーケーキと言えば生クリームにイチゴが入ってます。
羽後町でイチゴと言えば”こまち野さん”です。
西又先生のイラストでいちごを販売しているJAうごと共に
美少女イラスト商品を手がけている会社です。


こまち野さんはコチラ


こまち野さんで栽培されるイチゴを100%使用している洋菓子屋さんが、
羽後町にあるんです。
正に地産地消をしていただいているって訳なんですね。

そのお店はこちら羽後町西馬音内にありますRAGDOLLさんです。






CIMG5422.JPG

                     クマさん好きなパティシエさん






店内はこんな感じです。






CIMG5423.JPG

                      可愛い店内と素敵なBGM






我が家の子供達もRAGDOLLのお菓子が大好きなんですよ。
JAうごも大変お世話になっておりますABSラジオさんのブログで
RAGDOLLが詳しくご紹介されておりました。

RAGDOLL詳細はコチラ


もったいぶりましたが、作っていただきました高橋さんのケーキはこちらです!






CIMG5398.JPG

                         王冠ときゅうりが




横から見ると・・・






CIMG5399.JPG

                          素敵なイチゴ






お誕生日おめでとうございます。







◆交通安全で

自転車の話。

「大丈夫?この間、左右間違って走ってたよ?」母


「左側通行を右側通行しちゃった」息子9歳




ポックリ間違っちゃった!」息子9歳




(゚ロ゚;)エェッ!?

ウッカリをポックリと・・・

オットォ!(・oノ)ノ



----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。




posted by jaugo at 07:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | きゅうり

2010年05月06日

最近の田んぼとスイカ畑

クリスチャン・ビエリこそリアル日向小次郎と思っているJAうごの佐藤です。


今日の天気はなんなんでしょうか?
夏でしたよ、マジで。
長袖着て行って失敗しました。
苗も焼けるほどの暑さが来ている羽後町です。


さて、今回は最近の田んぼとスイカ畑についてお伝えします。


ここ数日の晴天で農作業もはかどりを見せてきました。
JAうご産あきたこまちの礎であります堆肥散布も昨日で無事に終了しております。
命の土づくりは着々と進んできていますよ。
堆肥散布の次といったらコチラ肥料散布です。






CIMG5324.JPG

                    トラクターにアタッチメント装着






手で肥料散布している方もいますが最近はトラクターで散布する方が多いようですよ。
広い面積でお米作りをしている方や受託をしている方は、
この様にトラクターで散布していますよ。






CIMG5334.JPG

                        ブンブンうなりながら






恒例の動画をご覧下さい。



◆トラクターで肥料散布









スイカだって忙しいですよ。
早く出荷される方はもう植えられて数日が経過しております。
先日までの寒さで苗に防寒対策をしていました。

スイカは寒さに弱いんです。
キャップというノッポさんの帽子の様な形をした物で苗を保護していました。






CIMG5382.JPG

                           5月5日撮影






キャップを取るとこんな感じです。






CIMG5384.JPG

                           正体がバレる






プロレスラーのマスクマンの様です。
スイカの苗は地をはいます。

だいたい10日程度でキャップを外すんですが、
外す目安は苗が曲がって地をはうような成長を見せた時です。
この写真の苗ももう少しで曲がってきますので、その時が外し時です。



ちなみに、西又先生との羽後町ツアーにあります、
”スイカの定植”をする畑はこんな感じになっていますよ!






CIMG5378.JPG

                            着々と






西瓜部会長さんの畑で定植するんですが、部会長さんも楽しみにしていましたよ。


JAうご西瓜部会はコチラ


スイカも田んぼもこの晴天で急ピッチに遅れを取り戻してきました。
生育もそうですけどね。



少し話がそれますよ。
JAうご本所付近には”ひばり野”と呼ばれる地区があります。
昔ひばりが多く生息していたと言われています。

現在は多く生息していませんし、自分もひばりを見たことがありません。


しかし、目につかないだけで今も生息しているとか・・・。
昨日、ひばりの卵をカメラに収めました!
やはり本所近くの場所でした。
とっても目立たない場所でしたけど。




CIMG5390.JPG

                         ウズラの卵の如し






後数日でフカするとか。
しかし、カラスやタヌキなどの動物達が虎視眈々と目を光らせているので、
簡単にフカは出来ないんだとか。
弱肉強食は自然の悲しいサガです。

フカを期待して明日を待ちます。




◆我が子の造語

ロンハーAKG47を見ていた時の話。


「おッ!可愛い!」息子4歳



「ダメだ、ブサイクル」息子4歳


ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。






posted by jaugo at 22:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイカ

2010年05月05日

羽後牛まんまフェスティバル2010

のどごし生がサッカー日本代表応援缶になってチョッと嬉しい、JAうごの佐藤です。


暑いです。
今日は暑いですよぉ。
「半袖になっちゃう?」なんて会話が飛び交っている羽後町です。


今回は羽後牛まんまフェスティバル2010をお伝えします。


去る平成22年5月2日(日)で五輪坂温泉としとらんど野外特設会場にて、
羽後牛まんまフェスティバルが開催されました。
今回で第3回目を数え羽後町で行われる行事として定着してきた感じがあります。

前2回とも晴天でしたが、この日も天気に恵まれましたよ!






CIMG5179.JPG

                            桜咲く




午前8時から準備をしましたよ。
寒い天気が続いたおかげでGWに桜が咲き、
また鯉のぼりも一緒にフェスティバルへ彩りを添えます。






CIMG5192.JPG

                          約150人が並ぶ






開始時間の11時を前に今か今かとこの長い行列です。
GWでの開催ですので、県外ナンバーの車が多数いらっしゃいましたよ。

自分は駐車場整理をしたんですが、としとらんど駐車場はあっという間に満車。
としとらんど前の施設駐車場をお借りする程の盛況ぶりでした。

オオーw(*゚o゚*)w

そして、午前11時フェスティバルスタートです!






CIMG5199.JPG

                        美味しい匂いがタマラン




以下のコーナーを設置しましたよ。

★焼肉コーナー
★ステーキコーナー
★羽後牛カレーコーナー
★あきたこまちまんまコーナー

あきたこまちは無料でご提供ですよ。
勿論JAうごより『JAうご産あきたこまち』のプレゼントです。
焼肉にはお米が合いますよね!(ビールも合うけど・・・)


こんなお肉をご提供しました。
牛肉の格付けで最高級のこれ以上のグレードはないという、
格付け「A5」のお肉です。






CIMG5206.JPG

                            焼肉用






CIMG5211.JPG

                           ステーキ用






CIMG5231.JPG

                            焼肉帝国






羽後牛カレーコーナーはこんな感じ。






CIMG5234.JPG

                          カレーも結構人気






CIMG5269.JPG

                              焼肉マン






ステーキコーナーではこの様に焼いてくれるんですよ!
ジュウジュウの音が本当にヨダレを誘います。
o(^^)o イイナ〜






焼いて準備が整ったあとは、ゆっくり芝生でお食事です。






CIMG5296.JPG

                            まったり






この後午後1時過ぎから、”餅まき”、”スリッパ飛ばし大会”、
”尻相撲大会”が行われ沢山の子供達や家族が参加し大盛り上がりを見せました。

こうして、昨年を上回る量の羽後牛を皆さんに食べていただきました。
来年も県内外の方にGWを通じて羽後牛を食していただき、
羽後町に触れ合っていただければ幸いです。

5月2日は羽後牛を食べる日と覚えておきましょう!

□Dヽ(^○^)イタダキマース!!




◆そんなバカな


先日の小学校の運動会での話。

「父さん失敗した〜」息子9歳

「何が?」父




「マイムマイムで大声出しすぎてエネルギーなくなって、
リレー走れなかった〜」息子9歳


「失敗したーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」息子9歳




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。









                   
posted by jaugo at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 羽後牛

2010年05月04日

Twitter(ツイッター) とGW

梅こんぶ茶が好きなJAうごの佐藤です。


晴れ続きですねぇ。
先日までの悪天候が嘘のようですよ。


ええ。


寒い日々が続いたおかげでGWに桜満開になりましたよ。
そんな羽後町です。


さて、今回はTwitter(ツイッター) とGWについてお伝えします。

アカウントは取得していたんですが、どうも理解出来ず、
またJAうごのスタイルを確立出来ずあまりつぶやいていなかったんです。

が、

最近勢いづいてきました。
つぶやきが勢いづくのもどうかと思うんですが、ヨシとしましょう。
つぶやくのはご存知私、JAうごの佐藤です。(今のところは・・・)

時間があるときにでも見てくれれば幸いです。
よろしくお願いいたします。

JAうごのつぶやき☆Twitter(ツイッター)☆はコチラ


GWも折り返し今日を含めて残り2日となりました。
羽後町へこれから来る方がいたら、
JAうご本所の美少女イラスト大看板を見るのもいいと思います。

本所に併設しているJA-SS【ひばり野SS】ではGW期間に
お米と羽後牛カレーを販売しておりますので、
記念にご購入される方がいらっしゃいましたらお立ち寄り下さい。






CIMG5337.JPG

                          痛車大歓迎






お帰りの際は高速での渋滞も予想されますので充分に気をつけて下さいね。



◆おませさん


先日のスケートを見たときの話。


「キムヨナ太ったんじゃない?」息子9歳




「クビレなくなったもん」息子9歳




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------


JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



posted by jaugo at 09:40 | Comment(2) | TrackBack(0) | その他