人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2021年11月11日

「家飾りマム」への挑戦 vol.7

ロジンバッグ とランチパックの違いがわからないJAうごの佐藤です。

#違いが分からないシリーズ

ええ。

そんな、羽後町です。

さて、今回は…「コロナ禍で生まれた花のチャレンジシリーズ第7弾」についてお伝えいたします。

一つのチャレンジを終え、二つ目のチャレンジへ向かうターニングポイントに差し掛かりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 「家飾りマム」への挑戦 vol.7
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2020年の花業界は、コロナ禍で業務需要が減少する中、新たにホームユース需要が伸びます。

この需要に産地の課題を掛け合わせて、新たなビジネスチャンスへ繋げよう!と、チャレンジする事になった企画。

それが【「家飾りマム」への挑戦】であります。

マムとは一般的に、スプレー咲きに咲く「菊」の事。(色んな種類があるよ♪)

太くて長いじゃない、短くて細いマムをあえて作って、ホームユース向け需要へ結び付けたい。

まさに、コロナ禍によるパラダイムシフト。

ギフトじゃなく、業務用じゃなく、「見る需要」へ繋げたい。

花のマッチングビジネスへ歩み出します。

産地(農家とJAと県)と市場(東日本板橋花き)と販売店(花屋)がチームとなり挑戦が始まりました。

それは、2020年の秋でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ 経費を抑えろ【2度切りへの挑戦】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2021年7月29日のお話です。

無事に1度目の収穫を終えて、その後のチャレンジへ向かいます。

通常であれば、切り終えた株元を引き抜いて、片付けを行います。
次の作付へ切替える準備をしますね。

ところが「家飾りマムは、フォーマルタイプ(一般的な長くて単価が高いタイプ)より、単価が安い」のであります。

なぜ、単価が安いんでしょうね。

それは「1束500円!」とか「ホームユース用に、買いやすい低価格な商品設定にする為」なんですね。

仕入価格を抑える必要があります。

ハイ。

その為「家飾りマム」は、種苗費を抑えて本数を増やし、多収生産する事を戦術にしました。

生産コスト削減です。

1株から2作収穫する「2度切り」への挑戦です。

秋田県の普及指導員の先生に指導を仰ぎ、枝と葉の本数を整理して、再び伸びてくる脇芽を作り出します。

7月下旬の、めちゃ暑いハウスの中では、人も菊もグッタリですが、これからどんな成長が見られるんでしょうか?

1度もチャレンジした事のない実験のスタートでした。

#家飾りマム
#ホームユース
#秋田
#羽後町
#JAうご




33242496-3621-488D-8CAE-A4112C74CCDE.jpeg




234F4743-F57A-49D6-9CCD-A6D05CF1BBF7.jpeg




4EB31DA1-DB4A-41C7-BF6A-83161EDC9C2D.jpeg




03694904-A429-4067-B07F-1821A59DFF0E.jpeg




4159A40D-4F79-4C20-AE72-5640C806E60F.jpeg





【ブログ応援、よろしくお願いします!】

「人気ブログランキング」が「気にならない」と嘘をついていましたm(._.)m

実はめちゃめちゃ気になっています。

最後にポチッとしてもらえば、ランキングが上がる仕組になっており、【ポチッとボタン】を押していただけると、漏れなく管理人が喜び、次の日の更新の糧になります。

よろしくお願いします!


----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------



↓人気ブログランキングに参加しています。
下のバナー2つをクリックして、応援よろしくお願いします。

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 秋田県情報へ




うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


posted by jaugo at 05:56 | Comment(0) | 家飾りマム