人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2014年07月07日

☆極上あきたこまち作り☆VOL.3

まちかど情報室長なJAうごの佐藤です。


朝起きるとトイレに行くのです。
24時間TVのリーダー城島さんが気になるのです。
伊津野亮さんが好きです。


今日のまちかど情報でした。


o。___へ(;`O´)___ クロール. バシャ〜〜〜〜


ええ。


そんな、羽後町です。

さて、今回は・・・


☆極上あきたこまち作り☆VOL.3
についてお伝えします!!


3回目となりました【昨年あきたこまちコンテストで最優秀賞を獲得した
安藤さんの米作りを、今年そっと追跡する】シリーズです。
取り上げるやいなや、安藤さんがイケメンという声が上がっています。




DSC_0018.jpg

さり気ない水管理が渋め





DSC_0014.jpg

50cmほどに背丈が伸びて





DSC_0009.jpg

貝が住める程の環境





水がキレイなんです。
命を育む水がキレイなんですね。
これは、米作りにおいて非常に重要なポイントの一つであります。


もう一つ重要なポイントを放り込みます。


今の時期に米作りで重要な農作業が、『溝切り』です。
なんとこの農作業は、米以外も含め全ての農作業の中で最も”疲れる”、
”くたびれる”農作業と言われています。




DSC_0329.JPG

溝切り@





こんな感じです。




DSC_0327.JPG

溝切りA










溝切り作業の写真は残念ながらありませんが、
田に入って進むその作業が足腰を痛めつけるんです。




DSC_0331.JPG

溝切りB





でも、農家はパワーがありますからやり抜くんです。


さて、少し専門的なお話をしましょう。

稲の体内では幼穂(ようすい)が形成されているんです。

幼穂とは、稲の茎の中に出来る穂の赤ちゃんの事を指します。
溝切りする事によって、赤ちゃんが形成されている最中に、
田を中干しする事により酸素を供給し根を健全化させるんですね。


また、溝を切る事により水路を作った事になりますので、
次に水をいれたり、水を抜いたりする時に素早く対処できます。
水管理を容易にする為に行う作業ともいえるんです。




DSC_0020.jpg

そして水を再び田んぼへ入れる





DSC_0023.jpg

背中に”苦労の二文字”を見せない男の中の男





こりゃ 今年のあきたこまちも間違いないですね。




◆今日の一言

JAうごの佐藤が自由に感じる今日の一言はコチラ

----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら
posted by jaugo at 22:10 | Comment(0) | 極上あきたこまち
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。