人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2015年09月24日

最高ガッツポーズで味噌作り!Vol.4

「今、急用で少し席を外していますー」と電話で答えたJAうごの佐藤です。


稲刈り時期は、現場や施設に出向いていましてね、
不在の職員が多いんです。
ご迷惑おかけしないように頑張りまーす。


m(。・ε・。)mスイマソ-ン


ええ。

そんな、羽後町です。

さて、今回は…


最高ガッツポーズで味噌作り!Vol.4について、お伝えします!!


160年の歴史と伝統から作りだされる蔵元【石孫さん】をタッグパートナーといたしまして、
本物を作る事にこだわり、味噌作りをしております。


有限会社 石孫本店さん
〒012-0801  秋田県湯沢市岩崎字岩崎162番地
http://ishimago.main.jp/

前回、蒸かしたお米を冷やす工程になりました。
次の様子を、チョイとのぞいてみましょうか。




DSC_0480.jpg

冷やすのも手作業で





DSC_0496.jpg

昔から変わらないものがココにある





お米が40℃ぐらいまで冷えたら次は…


麹菌の登場だ!!


石孫本店さんでは、種麹(たねこうじ)を使っております。
麹菌の胞子と米の分離をせず、培養元の玄米ごと使用する仕込み方法をしているんです。

ココが他の一般的なお味噌屋さんと違うんだとか。
昔ながらの作業が、沢山あるのでビックリしちゃうのでした。




IMG_4962.jpg

麹蓋(こうじぶた)





IMG_5306.jpg

質感が素晴らしい





歴史を感じさせるこの麹蓋、レトロ感というか、”動く味噌博物館”的な空気感が、
体へ清らかに感じられるんです。
感動と感激がココに詰まっているんです。


(((((((((o(*'Д'*)o))))))))) ォォオ!! (


この麹蓋(こうじぶた)へ入れたお米へ種麹(たねこうじ)をかけます。
麹蓋で混ぜ、それを冷めたお米全体へふりかけるのでありまーす。




DSC_0504.jpg

これぞ!種麹(たねこうじ)





DSC_0509.jpg

ふりかけーる





DSC_0512.jpg

必死にふりかけーる





DSC_0516.jpg

お米に混ざる種麹





DSC_0521.jpg

まぜーるでござーる





DSC_0524.jpg

絶妙なバランスを五感で作り出す










混ざり終わったら、『むろ』へ入ります。




IMG_5258.jpg

麹室(こうじむろ)





DSC_0538.jpg

二人で運ぶ





DSC_0541.jpg

全て手作業で





DSC_0576.jpg

少しづつ





DSC_0583.jpg

少しづつ





DSC_0588.jpg

フタをする





DSC_0594.jpg

布を掛けて





DSC_0598.jpg

米麹造りの準備完了





さて、次はどうなるんでしょうか?
味噌作りはこうして進んでいくのです。

こうなると…

「私の知らない世界」でありました。

またお会いしましょう♪






----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら
posted by jaugo at 17:05 | Comment(0) | 味噌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。