人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2016年01月22日

最高ガッツポーズで味噌作り!Vol.9

先日、誕生日を迎えたJAうごの佐藤です。


私の誕生日がIKKOさんと同じだったとは!!
大変光栄であります。
ちなみに、誕生日の1月20日は「玉の輿の日」ですって。

言ってみれば、私は「毎日が玉の輿男」であります。
家の奥さんには、この記事を見せない事にします。
内緒の巻です。


(T^T)チッキショー


ええ。

そんな、羽後町です。

さて、今回は…


最高ガッツポーズで味噌作り!Vol.9について、お伝えします!!


伝統製法を守る、蔵元さんへ協力をお願いいたしまして進行しております『味噌作り』。
160年の歴史と伝統から作りだされる蔵元【石孫さん】をタッグパートナーといたしまして、
本物を作る事にこだわり、味噌作りをしております。


有限会社 石孫本店さん
〒012-0801  秋田県湯沢市岩崎字岩崎162番地
http://ishimago.main.jp/

今回は、生味噌が出来上がりまして、遂に木桶へ入る瞬間へとなりましたよ。

100年以上は使用しているという酵母菌が住み着いている木桶です。
それだけで、ワクワクしちゃいます!!


ワクo( ̄▽ ̄o)(o ̄▽ ̄)oワク.


それでは、味噌作りの続きをチョイとその様子をのぞいてみましょうか。




DSC_0736.jpg

生味噌を桶に入れ





約30kの重さの桶を、男の中の男達が担いで運びます。
何度も、何度も運びます。




DSC_0694.jpg

男の中の男達





DSC_0702.jpg

1tの巨大木桶へ





この作業を「おけいれ」と呼びます!!





DSC_0698.jpg

少しづつ





DSC_0750.jpg

生味噌がドンドン入る





DSC_0766.jpg

木桶に住み着く酵母菌





蔵に住み着く酵母菌、桶に住み着く酵母菌。
この石孫さんだからこそ、造られる味がここにあります。
う〜ん!!たまりません(*´艸`*)









DSC_0783.jpg

味噌の次に人が入る





中に入った味噌を平らにします。
そして、ビニールを被せます。



DSC_0792.jpg

丁寧に平らに





なぜ、ビニールをかぶせるんでしょうか?

蔵付き酵母が美味しい味噌を作ってくれるので、
ビニールを被せなくてもいいような気がしますよね。

ビニールを被せる訳とは…

それは、空気中の雑菌に負けないよう出来るだけ空気に触れないようにする為、なんです。




DSC_0794.jpg

最後に蓋を





DSC_0798.jpg

そして、重しをのせて





重しを乗せるのはなぜでしょうか?

発酵してくると段々と柔らかくなります。
下の方だけ柔らかくなり、上の方と均一にならないんです。
そこで!重しを乗せて水分を均等に上から下まで含ませて、均等に発酵させる為、なんです。


ええ。


こうして、春に仕込み夏と秋を通して、じっくりと熟成させます。
石孫さんには、沢山の木桶がありますので、名札を木桶に掛ける事にしました。
恥ずかしながら、字が汚くて”福山雅治さんに似ている”私ですが、(佐藤談)名札を書きました。




DSC_0805.jpg

緊張の筆入れ





DSC_0813.jpg

次のご対面が楽しみだぜ





さぁ〜!!いよいよ「おけいれ」も終了しました。
実はこの時、平成27年5月14日なのであります。
ですので、約8ヶ月前の出来事になるんです。

次回は、発売に関わる情報をお届けしたいと思います!!
乞うご期待です!!
大雪はご勘弁を!!








----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら
posted by jaugo at 11:34 | Comment(0) | 味噌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。