人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2016年01月27日

天然醸造味噌【樽の音】新発売!そして町長も笑顔に

お腹が鳴っているJAうごの佐藤です。


腹は減るのでしょうか。
膨らんでいるのに減るって感じれらません。

どうでもいいですが、なんでお腹が空くと
「グゥウウウ〜」って音がするんでしょうかね。
もし、その音を意図的に調整できるのなら面白いです。

カエルの歌を、何十人もの人達のお腹により
合唱してみたいのです。
実に面白い。


ええ。


そんな、羽後町です。

さて、今回は…


天然醸造味噌【樽の音】新発売!そして町長も笑顔にについて、お伝えします!!


全く新しいJAうごの商品が完成しました。

それは…


天然醸造味噌【樽の音】タルノネ


量より質にこだわるJAうごが、今回も素材にこだわり、作り方にこだわりました。
最近の農業で良く聞く言葉に、”加工品・6次産業”があります。
”6次産業化”ばかりが暴走しているように思えます。

「なんでも、加工すれば売れるんだ!!」的な風潮は危険極まわないです。

そして、効率だけを考えても、決して良いとは思えません。
確かに効率が良いほうが、悪いより良いでしょう。

でもね、

「人は苦労した分、人が喜ぶ」って、今回勉強させられました。


だって、その口に広がるまろやかさ、風味はたまりませんよ!
言葉の引き出しをいくつ引き出しても、叶わない真実ってあるでしょ。

「時代は変わっても、本物は変わらない」

チョイとのぞいてみましょうか。




四号蔵.jpg

深みのあるその場所は





秋田県湯沢市に160年続く老舗味噌醤油醸造元「石孫本店」さんのご協力により
本物の「手造りの味」を実現しました。









米1.jpg

職人が昔ながらの作り方で





米2.jpg

男達が寡黙にその味を伝える





米4.jpg

文化を伝える仕事がある





米3.jpg

道具も昔のままで





味噌ごはん.jpg

ごはんによく合う食べる味噌





樽の音(値段ぬき).jpg

「樽で熟成する音」をそのまま商品名に





そんな訳で、今回誰よりも早くこの方へ【樽の音】(タルノネ)をご紹介しに行きました。

その方は…




DSC_0378.jpg

羽後町 安藤町長





DSC_0376.jpg

「麹が感じられるねぇ」





DSC_0374.jpg

味噌が作った本物の笑顔





町長も喜ぶイチオシ味噌が出来上がりました。
本日、平成28年1月27日(大安吉日)に新商品発売いたします!!
どうぞ!お召がりくださいませ!

おっ!今年は限定1500パックですからね、売切れゴメンですよ。
詳しくはHPをご覧ください。

http://www.ja-ugo.jp/onlineshop/tarunone.html







----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら
posted by jaugo at 21:10 | Comment(0) | 味噌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。