人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2016年12月08日

お歳暮に!【贈答用あきたこまち】みほうまれ?

FNS歌謡祭が欠かせないJAうごの佐藤です。


ギャランドゥが感動的でした。


(゚∀゚)ナットク! (゚∀゚)ナットク!


ええ。

そんな、羽後町です。

さて、今回は…


お歳暮にとっておきの!【贈答用あきたこまち】みほうまれ?について、お伝えします!!


師走も深まってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
一年を振り返るスペシャルステージが多くなってきました。
忘年会シーズンも突入してきました。

お歳暮シーズンも突入。
もう、お歳暮の準備は大丈夫ですか?


「あ、お歳暮まだだし」

「お世話になったあの人へ、何贈ろうか迷ってんだよなぁ〜」


そんなアナタへ、163キロのど真ん中をズドンとお届けいたします。

もらって嬉しい、贈って嬉しい、最高級のお米はいかがでしょうか?

今日は、羽後町の集大成と言って過言ではないこの商品をご紹介いたしましょう!!
金利手数料はJAうごがご負担いたしません!!


とにかく、細部にまでこだわっているです。
【お米のグレード】だけじゃなく、【包装にとことん手間暇】かけました。






IMG_0272.jpg

羽後町と言えば【西馬音内盆踊り】





この女性らしい雰囲気的、緩やかでなんとも言えない西馬音内盆踊りを形にしたかったのです。
米袋に、この特製オリジナル帯を巻くことしたんです。




DSC_0048.jpg

和紙を重ねあわせ





そして、「みほうまれ」農家であります安藤さんの、本物の稲穂を合わせています。









DSC_0021.jpg

日陰干し





さて、ここからは実際には4人がかりで製作します【謹製みほうまれ】の姿を
チョイとのぞいてみましょうか。




DSC_0023.jpg

紐を結んで帯を巻く





DSC_0029.jpg

しおりを入れて





DSC_0035.jpg

稲穂を添えて





DSC_0039.jpg

桐箱入りに特製和紙を重ねて





DSC_0046.jpg

桐箱の蓋と本体の合わせ目に【謹製シール】を貼る





間違いなく、受け取った方は喜ぶ顔に変身することでしょう。
JAうごの精米所では”みほうまれ製作”の際、特別な時間となります。

お米を入れ替えます。
”みほうまれ玄米”にね。
そして、普段はないテーブルを組み立てて、作業場所を設置。

そして、4人がかりで全て手作業で、細かいところまで丁寧に作りあげます。
こんなに、時間のかかることが出来るでしょうか?
なんて非効率な作業なのでしょうか?

でも、本物がココにあります。
手間と時間がかかっているものは、絶対に伝わるはずです。
お祝い、ご贈答、お歳暮に!文句なしの一品でございます。



01_mihoumare.jpg








----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら
posted by jaugo at 20:43 | Comment(0) | お米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。