人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2019年07月03日

田んぼの水を落とす

アントキの猪木さんの「あの時」とはいつなのか?気になったJAうごの佐藤です。

日本列島不安定ですねぇ。大雨です。
作物も病害虫の発生が気になります。
自然やお天気と上手く付き合って行かなければなりません。

シーズン終わりになってから、「あ〜、あの時にこうして、あぁしてれば良かった〜」となる事ありますよね。

そんな「あの時」でしょう。

ナンダッテー!=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)

ええ。

そんな、羽後町です。

さて、今回は…

✁┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

田んぼの水を落とす


✁┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

7月に入りまして、稲を健全にする為、稲刈りを用意にする為等の目的で、田んぼの水を落とす作業があります。

その後、田んぼに溝を作る作業が【溝切り】です。

少し説明しましょ!

稲の体内では幼穂(ようすい)が形成されているんです。

幼穂とは、稲の茎の中に出来る穂の赤ちゃんの事を指します。
溝切りする事によって、赤ちゃんが形成されている最中に、
田を中干しする事により酸素を供給し根を健全化させるんですね。

また、溝を切る事により水路を作った事になりますので、
次に水をいれたり、水を抜いたりする時に素早く対処できます。
水管理を容易にする為に行う作業ともいえるんです。

この溝切り作業が重労働なんですよねー。
農家さんはみんな口を揃えて、「溝切り1番だ!1番大変だ!」と言っています。

今後、各地で溝切り作業が見られます。
熱中症に気を付けて、頑張りましょう!!

----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


F4F473EF-14DE-4BE1-B164-551D20314F97.jpeg



296FA320-8A20-4537-89E0-E3525847F953.jpeg



5B83C9A5-3692-42C0-B467-414C66DDA715.jpeg



F7FF28EF-1DAC-4976-823F-2B7D66F5AB31.jpeg



2142523B-6AA8-498F-A84C-253D5AACF6FE.jpeg



7B1D3613-B20F-4118-B504-6157887D36CB.jpeg
posted by jaugo at 23:00 | Comment(0) | お米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。