人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2020年01月13日

ジャイアントばが 〜ほらふき大賞へ輝く〜

雄川荘の1ヶ月入浴パスポート買ったことがあるJAうごの佐藤です。


いゃ〜、雄物川地区の強さを感じました。
会場には人が溢れていました。
座る席がない超満員の雄物川コミュニティセンター。 

ビデオ撮影する場所を確保するのも困難な程。
秋田魁新報さん、NHK秋田放送さん、マスコミ各局も集い大会の注目度の高さが伺えます。

______________________________ 

ジャイアントばが 〜NO.1へのばがの軌跡〜
______________________________ 

時は、2020年1月11日。
ほほら温い雪が少ない秋田県横手市雄物川地区。
寒のこの時期に雪が少ないなんて信じがたい、そんな挨拶が飛び交うお正月。

今年で28回目の歴史を重ねるお笑いの祭典で、彼はやってくれた。
「羽後町のスター」が、地元の舞台から飛び立ち「日本のスター」へ変わる瞬間だと僕は感じた。
羽後町民である事を誇りに思えた。

いよいよ『アメリカズ・ゴット・タレント』が見えてきた。

令和1回目の【銀河系宇宙ほらふき決勝大会】出場者は8人。
今回は秋田県内各地の猛者だけではなく、県外(茨城)からも出場者が集まった。

「この日」は、雄物川コミュニティセンターへ、早く行かないと駐車場に止める事は出来ない。
シャトルバスも運行しているし、良い席の確保も難しい。
この大会は、実は凄い人気があるのだ。(ホントに)

ジャイアントばがは今回で3回目の参加である。
彼のファンである私は、彼の全ての戦いをLIVE観戦している。

下ネタで敗戦した1回目。
対策を講じて手応えがあったが、同票で審査員協議の上惜しくも2位だった2回目。
ほら数と笑いの数で圧倒した3回目。(今回)

私の個人的な意見だが「圧勝」だった。

しかし、この大会はそんな簡単に勝てる大会ではない。
雰囲気はM1に似ているので、出場者の順番も重要である。
来場客の平均年齢は70歳と高い。(佐藤極秘調査)

この高い平均年齢と地元のお客さんが多い所を研究し尽くしていたのが、今回の「ジャイアントばが」の勝因であろう。

いつものガウンから、入場前にオーラが立ち込めていた。
スーパーサイヤ人並に。
6番目に登場したばが。

入場はいつもの「スポーツ行進曲」

上郡から集まった6000人のファンクラブの中には、彼の母親の姿もあった。

溢れんばかりの会場で、笑いの喝采を受ける息子をどう思ったのだろうか?

おそらく感動の涙をこらえて、こう思っただろう。

「この、ばが息子!!」

【YouTube動画】大会のネタはコチラ→ 

3377E416-9AA0-4029-8DB1-0E99112C38A0.jpeg4323BFAE-2238-4640-A6D2-BB1F740BBCD7.jpeg5B12077D-DC25-4BFA-9F4C-EC965EDD3195.jpegEAA2A5EB-15D7-48F6-B31F-6B64FCBE3CB0.jpeg679E62D3-ABC2-406C-B058-9816F6F82B14.jpeg5581BE34-0592-411F-9A5D-5B29B449E6C1.jpeg0218CC7B-3987-4D0C-B326-A36BC13ABFF2.jpeg

 


----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
秋田県で1位を狙っています!!

1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら
posted by jaugo at 05:30 | Comment(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。