人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2009年11月19日

晩秋の風物詩

JAうごの佐藤です。


今日も晴天だったり風雨だったり、
まさしく秋の空だった羽後町です。

今回はそんなここ最近の羽後町の風物詩をお伝えします。

まずは、田に飛来する”白鳥”です。





P1070814.JPG

               落穂をいただく




良く見る風景なんですよ。
白鳥に限らず渡り鳥は地形や場所を覚えていて、
前年に飛来した地域に来ます。
とりあえず飛んで、何もなかったら別の場所に移動して、
落穂を探すんですね。

コンバインの調子が悪いとワラと一緒に籾も落ちると
言われていますので、今年白鳥が飛来した田んぼの持ち主は
コンバインの修理が必要です。
白鳥はそんなバロメーターにもなっているんですよ。
農家にとっては、修理代がかかるから来てほしくない
残念なお客様と言えるでしょう。





次に、良く見かけるのは冬を越すための保存食として
良く見かける”柿”です。




P1070981.JPG

              良く実った実った




柿を不思議と思ったことないですか?
焼酎に漬けると渋柿が甘くなりますし、
天日干しすると、これまた甘くなります。
こんな不思議な食べ物他にはありません。

なぜでしょうか?





P1070967.JPG

              ヘタの部分に焼酎を!




それは・・・
タンニン(シブオール)が原因なんですよ。
柿の渋みの原因タンニンは水溶性なので、
焼酎に含まれているアルコールで溶けてしまうんです。

干し柿の場合は、天日干しにする事で水溶性タンニンが
不溶性タンニンに変化して渋味を感じなくなる事と
甘味が凝縮されちゃうんですよ。

他にも柿の渋抜きの方法は幾つかあるんですけど、
焼酎を使用したり天日干しにしたりして
水溶性タンニンをやっつければOKなんですね。

ちなみに、甘柿の場合は木になった状態で
渋成分が変化するので甘い柿になるんですね。




CIMG1100.JPG

              柿と大根は良く見かけます




昔の人は焼酎が入手出来なかったから塩を使用していたとか。
渋みは抜けるんですが、しょっぱかったらしいですよ。



P1070962.JPG

               甘い柿は最高






焼酎で柿を漬ける作業を動画でご覧下さい。
この作業がまた今の羽後町です。














◆この俺に限って



両手に”KY線”くっきり出てました。




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------


JAうごメルマガ。ご購読はこちら〜


JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。





posted by jaugo at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33735739
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック