人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2009年12月01日

JAうご枝豆部会

JAうごの佐藤です。


小春日和ですよ。小春日和!
天気が続くといいですね〜。
内面から嬉しくなるって言う 感じありますよね。
自然と笑顔になれます。

さて、今日はJAうご枝豆部会についてお伝えします。
HPでは”枝豆とそら豆”というくくりで紹介していますよ。

単に枝豆と聞くと【ビールのつまみ】の王様ってイメージがありますね。
居酒屋で頼んじゃいますよね。


「取りあえず生ビールと枝豆下さい!」


枝豆はアルコールにとても合う良質のたんぱく質と言われています。
冷凍物も沢山ありますよね。

水につけて置くだけで解凍され直ぐに食べられる枝豆とか、
手軽にお安く入手可能だし、冷凍庫からちょっと出して
すぐにいけるから最高ですよね。

種類がまた豊富なんです。
青豆、茶豆、青豆と茶豆のハーフ、黒豆など等です。

JAうごで出荷しているのは・・・
青豆とハーフの2種類です。
最近はハーフの『湯あがり娘』という品種を多く出荷しています。
今日から12月ですが、枝豆の収穫は夏なので現在『湯あがり娘』の
現物をご紹介は出来ません。

来年収穫の時は必ずご紹介しますね。
この「湯あがり娘」は、枝豆の中でも香りと甘みが最高なんですよ。
栄養分も豊富でショ糖・果糖・ブドウ糖が他の品種の約2倍含まれ、
味が濃いんですよ。


ビール飲みたくなっちゃいました?



ええ。



ここで、JAうご枝豆部会長の仙道さんをご紹介します。





P1070978.JPG

            ご夫婦で枝豆作りが大好き


写真の豆は”枝豆の黒豆”です。
意味分かりますか?
おせち料理用の黒豆じゃないですよ。

普通の枝豆みたいに、お湯で茹でてプリッと皮を剥いて食べる黒豆です。
あんまり世に出回っておらず、今年試験的に栽培したそうです。
需要が出たら出荷する可能性はあるとか。




P1070969.JPG

             これをプリッと



仙道さんは米と枝豆を生産する農家なんですよ。
以前は豚も飼っていたり、スイカも生産していたとか。
平成12年頃から枝豆の作付面積を増やしています。

農家の高齢化に伴いスイカの様な重い農産物はキツイんです。
何百何千という重い物は体に応えるんです。
その為、枝豆の様な軽い農産物は作り手に優しいと言えます。

JAうごには数多くの生産部会が存在しますが、
年々作付面積が右肩上がりに増加しているのは枝豆部会だけとか。
何と言っても手軽に美味しいから需要があるんです。

仙道さんの趣味は走る事。
最近は収穫の時期と重なって思うように走れないとか。
以前は年に10回以上マラソン大会に出場していたんですよ。

ホノルルマラソンや青梅マラソン、河口湖マラソンにも
出場経験があるんですからかなりのもんですよ。
今後また復活を虎視眈々と狙っています。



仙道さんにはある信条があるんです。

『窮地を救うのは正直』

もし嘘をついたなら嘘を嘘で隠すことになる。
正直に言ってだめならしょうがないんだ。

素敵な言葉ですよね。



部会長さんの目標は・・・

【小さい産地でも特色を生かし物作りをしていく事】

嘘じゃない正直な、美味しい枝豆を食べてみたくなりました。

最後に黒豆をビール瓶でコンコン叩いて取り出す作業をご覧下さい。










◆ビックカップル誕生

朝のニュースを見て奥さんが言ってた。

『どこが、真剣交際なんだろう?』





----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------


JAうごメルマガのご購読はこちら〜


JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。


posted by jaugo at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | えだまめ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33959399
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック