人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2009年12月04日

羽後牛を食べられる店

JAうごの大日向です。

昨日は当JAの広報・新年号の取材に同行して来ました。
新春企画として羽後牛を食べられる店、買える店を紹介したいということで、
畜産担当である私にアドバイザーとして白羽の矢が刺さりました。いや、立ちました。

羽後牛とは羽後町で飼育された黒毛和牛のことをいいます。
飼育方法に特段のくくりはありませんが、羽後町の肥育農家の知恵と信念と愛情により
育て上げられた牛達は、市場でも高い評価を得ています。

また当JA自慢の循環型農法には、羽後牛はなくてはならない存在です。
過去の佐藤先輩の循環型農業関連の記事はこちら

さて冒頭に書きました広報の企画のことですが、羽後牛を食べることのできる店とか
買える店って、意外と知られているようで分からなかったりするんですね。
地元の私達でも。(職業柄、自分は熟知しておりますが・・・。)
それで、改めてご紹介してみようかなと。

というわけで、取材時の模様をサクッとご報告致します。

まず最初は湯沢市の「牛玄亭」さんです。
牛玄亭外観
住所:秋田県湯沢市元清水3−17
電話:0183-79-5129
営業時間:昼・11時30分から14時まで  夜・17時から23時まで

おすすめメニューは羽後牛盛り合わせ¥3,990と
炙り牛とろにぎり¥924です。(税込価格)
羽後牛盛り合わせ
          【羽後牛盛り合わせ】くあぁ〜

炙り牛とろにぎり
          【炙り牛とろにぎり】うおぉ〜


店長さん曰く、火は中火でセットしていますが、
あまり焼きすぎないようにしてくださいとのこと。
あと、網交換は遠慮なくご用命くださいということでした。
羽後牛の最高級ランクの肉を常時、用意してお待ちしています。


次は羽後町西馬音内「弥助そばや」さんです。
弥助そばや外観
住所:秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字本町90
電話:0183-62-0669
営業時間:11時から18時まで

弥助そばやさんは西馬音内そばで売り出し中の当町でも、老舗のそば屋さんで、
県内外から多くのファンに支持されています。
そのそば屋さんが羽後牛!?と思われるかもしれませんが、これが絶品です。

うご牛カレー¥800(税込価格)
肉は3日間じっくり煮込まれており、そば屋特有のダシが隠し味として使われています。
うご牛カレー
          【うご牛カレー】どあぁ〜

うご牛丼¥800(税込価格)
羽後牛の肉汁の甘さが口の中を包み込み、食が進みます。
うご牛丼
          【うご牛丼】ぬむぅ〜

どちらも儲け度返し度外視の低価格。お客様には嬉しい限りです。


最後は地元温泉施設「五輪坂温泉としとらんど」さんです。
としとらんど外観
住所:秋田県雄勝郡羽後町足田字五輪坂43−4
電話:0183-62-4126
営業時間:11時から21時まで

冬のおすすめメニューは羽後牛のしゃぶしゃぶ1人前¥2,500(税込価格)です。

          【羽後牛のしゃぶしゃぶ】うりゃぁ〜

toshitoland-3.jpg
          うううぅ、うまそーだぁー!ボガーン!!

A4からA5ランクの最高品質のしゃぶしゃぶは、これからの季節にはうってつけのメニュー。
身も心もあったまります。

本記事では食べられる店のみ紹介しましたが、広報新年号では買える店も紹介します。
名づけて「羽後牛アクセスマップ」。
できあがりましたら今一度、本ブログで紹介させていただきます。


JAうごメルマガのご購読はこちら〜


JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



posted by jaugo at 18:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 羽後牛
この記事へのコメント
こんばんわ。
JAうご様のブログ、毎日楽しみに見てます。
正しいJAのブログって感じですよね♪
うちのJAでもこういうブログやればいいのに・・・

ところで。
今回の記事の羽後牛丼のところの「儲け度返し」って「儲け度外視」ですよね?
ま、まぁ、秋田弁は「い」と「え」の中間の発音が多いですし・・・

弥彦そばは、前から行ってみたいと思っているんですよね。
すごく美味しいお蕎麦屋さんだと聞いてます。
他のお店は聞いたことがなかったのですが、行ってみたいですね。ただ、しゃぶしゃぶはなんか怖い・・・(庶民なもので)

それでは、県南沿岸の某S農協の職員でした☆
Posted by 由梨 at 2009年12月06日 19:25
>由梨様

コメントありがとうございました。
県南沿岸の某S農協の職員さんだとすれば
そんなに遠くありませんよね。
S農協さん管内でも美味しいブランド牛ありますけど、
ぜひ、羽後町にお越しいただき羽後牛を
食していただきたいと思います。

>今回の記事の羽後牛丼のところの「儲け度返し」って「儲け度外視」ですよね?
>ま、まぁ、秋田弁は「い」と「え」の中間の発音が多いですし・・・

ご指摘ありがとうございました。
記事の内容は畜産担当の大日向ですが、書いたのは
私・安藤と申します。
30数年ずっと度返しだと思っておりました。
お恥ずかしい限りです。。。(^_^;)


Posted by JAうご 安藤 at 2009年12月07日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34022419
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック