人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2009年12月14日

JAうごマッシュルーム組合

JAうごの佐藤です。


今日は朝から凄く寒いです。
午前中からフワフワと雪が舞い落ちてきたんですよ。
雪が降ると寒さが全く違うんです。


ええ。


ドンドン雪の量が増してきまして、夕方にはこの有様です。




CIMG2096.JPG

             冬用ワイパーに変えよう




明日は靴を変えないと出勤出来ないでしょう。
ブーツや長靴が必要になった羽後町です。

雪の中の”こまち娘看板”を見てみましょうか。




CIMG2092.JPG

                雪が似合う


思ったとおり雪が似合います。
”あきたこまち”の女性ですからね。




さて、今回は”JAうごマッシュルーム組合”についてお伝えします。

「え?」

「マッシュルームなんて栽培してるの?」

こんな声が聞こえてきそうですね。

以前マッシュルームを栽培している農家はJAうご管内でも
沢山居たんですよ。
しかし、面積を増やすことが難しいとか、
生産数量減少等いろんな問題があったんです。

中でもキツイ農作業がありまして・・・

『わらの切り替えし』です。

わらの切り替えしとは、
稲刈り後のわらを再利用してマッシュルーム栽培に
使用するんですが、
外に積んだわらを発酵させるんですね。

外に置くだけでも発酵自体はするんですが、
拍車をかける為に、わらの発酵を促す肥料を使用します。
このわらを手作業で全て切り替えすんですが、
水分を含んだわらは、半端なく重いんです。

実際の作業はとても重労働で、高齢化により
切り替えしが難儀で栽培から身を引いた農家も少なくありません。

黄金色のわらも発酵が進むと黒っぽくなります。
3回切替して発酵したわらをマッシュルーム小屋の棚に入れます。
その後3日間ストーブを炊きっぱなしで室温を52℃から53℃まで
上げます。

その後3日間かけて40℃位まで徐々に下げます。
そして、小屋を空けて20℃に下げてから菌糸をまきます。
30℃では菌糸が死んでしまうんです。

菌糸をまいたら乾かないようにビニールをかけます。
水分がないと菌糸が広がらないんです。
ビニールをかけた状態をご覧下さい。




CIMG1695.JPG

               結構暗い


菌糸をまくとわらに菌糸が周り白くなってきます。




CIMG1687.JPG

               白いポツポツが


グッと近づいてみますか。




CIMG1690.JPG

                  菌糸が定着


暖房で室温を17℃に保ち2週間経過後、
このわらの上に土を盛ります。
すると土に菌糸が伝わって土が白くなるんですが、
それは土を盛ってから1週間かかります。

その後、室温を下げて水をまきます。
この時室温5℃と小屋は、寒〜くなります。
小屋を全開状態にして約3週間。

その後小屋を閉めて、これからは栽培温度16℃に保ちます。


マッシュルーム栽培だけではありません。
農産物は手間隙がかかるんです。
良い物であればあるほど、愛情込めて手間がかかるんです。

こうして、マッシュルームは1月中旬から収穫が始まり、
5月頃まで出荷出来ます。
春になって気温上昇と共に菌糸が死んでしまうんです。

JAうごマッシュルーム組合が出荷するマッシュルームは、
スライスされて缶詰になって関東の給食センター等に出荷しています。
なんと言っても最大の売りは、安全安心なマッシュルームなんです。

栽培の概要を説明しましたが、農薬は一切使用しません。
わらを発酵させる時に使用する肥料しか使わないんです。
こんな安全なキノコがあるのでしょうか?

害虫対策や雑草対策、水が原因の病気など農産物には
見えない敵が山ほどいるんです。
現在は使用してよい農薬が決まっているので、
どれもかしこも使用し出荷する事は出来ません。

栽培履歴をJAに提出の上出荷する事が規則で確立しております。
米や畜産も全て規則があるんです。

JAうごのマッシュルームは超安全なマッシュルームと言えますので、
子供達が食べる給食には打って付けなんですね。


正直、このマッシュルーム入りのパスタ
食いたくなってきました・・・。


それでは、JAうごマッシュルーム組合の高橋組合長を
ご紹介いたします。




CIMG1693.JPG

              この道30年


高橋組合長は花卉・マッシュルーム・米を生産する農家です。
実は秋田県でマッシュルームはレアな農産物なんです。

秋田県内ではマッシュルーム栽培農家は5人しか居ないんです。
その内羽後町でなんと、4人を占めるんです。
超レアで超安全なマッシュルームは選りすぐりの農家が栽培しています。

益々食べてみたくなりますね〜。




CIMG1696.JPG

          小屋は花のいい香りでいっぱい



高橋会長の趣味は・・・

『温泉』であります。

一番好きな温泉は象潟の道の駅【ねむの丘】の温泉とか。
4階のお風呂から見える日本海の景観は絶景。
山形の飛島から、男鹿半島まで見える温泉が大好きとか。

高橋会長さんの信条は・・・

『諦めない』

止めない。
1年2年ダメでも諦めない。
手はかけるけど、いつか良くなると信じて。
必ず成功すると信じて頑張ると言います。
この気持ちが少数精鋭で頑張る礎となるのです。

凄い精神力ですよね。
少しでも真似てみたいです。

来年1月になると白いマッシュルームが沢山芽を出してきます。
キレイなマッシュルーム畑を次回お伝えします。
ご期待下さい。





◆色女はつらい

可愛い娘を呼んでみた。

「ちょっとおいで〜」父

「お・と・こ・わ・り」娘
  ( お断り )




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごメルマガのご購読はこちら〜


JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。




posted by jaugo at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッシュルーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34201320
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック