人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2010年01月28日

吉村作治先生講演会 IN 西馬音内盆踊り会館

JAうごの佐藤です。


すっかり路上の雪が溶けてしまいましたね。
これでは”ゆきとぴあ七曲”でトチが花嫁乗車のソリを
引く時に難儀しそうで心配です。

雪国の皆さんはわがままで、雪が降れば降ったでぐちをこぼし、
降らなければ降らないでぐちをこぼします。
それが、人間らしくていいのだと思います。
感情豊かな羽後町民らしさです。


さて、今回は”吉村作治先生が羽後町へ”についてお伝えします。
羽後町役場で吉村先生をご招待したんですよ。


吉村作治先生のオフィシャルサイトはこちら


吉村先生と言えばTVでも活躍の考古学の先生であります。
その先生が昨日平成22年1月27日に羽後町へやって来てくれたのです




CIMG2771.JPG

                     夜の西馬音内盆踊り会館




講演会の開始時間は午後6時30分からでした。
自分は開始直前に到着したんですが、結構お客さんがいましたね。
盆踊り会館内にありますステージで先生は講演されました。




CIMG2780.JPG

                         ダンディな66歳




講演テーマは・・・

「エジプト文明の魅力とサイバー大学について」です。

テーマに沿って自分の経験や思想をスライドショーを交えてお話してくれました。
やっぱり引き込まれたのは発掘したお墓等の写真を交えたお話でした。




CIMG2781.JPG

                   考古学とは人類の未来をシュミレート




考古学と羽後町は全くの無関係と思っていたのですが、
先生のお話を聞いてそうではないと考えました。




「考古学とは何千年も前の色々な思想を考えて、
そこから未来をシュミレーションするのです。」

「発掘はそこにある思想から生まれる物的証拠を見つける手段にすぎないのです。」

「人類はピラミッドや世界遺産など形に残る物しか評価しません。」

「それは違います。」

「日本を見てください。日本には素晴らしい”お祭り”が沢山存在します。

「西馬音内盆踊りの様な、お祭りには何百年もの歴史と伝統があります。」

「そこには人々がそのお祭り、思想を守る大変な、労力と時間を要しているんです。」

「ボランティアと言いますが、ボランティアではそのクオリティを維持し、
また少し向上させお祭りを守る事は出来ないのです。」

「有形ではなく、無形の文化も評価されるべきなんです。」

日本のお祭りは素晴らしいと言う事を先生は力強く語ってくれました。
そして、自分の田舎の誇りを育てる事の大事さも語ってくれました。
大変楽しく勉強になった講演会でした。
吉村先生ありがとうございました。

今度いらした時はトチに乗って欲しいものですね。




◆雨


TVの天気予報を見ていた時の話。


「あきたどこ〜?」息子4歳

「ここ〜?」TVに指差す息子4歳

「違う!」じいちゃん

「ここ〜?」TVに指差す息子4歳


「違う!こうもりのどごだ!こうもりのどご!」じいちゃん




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



posted by jaugo at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34989665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック