人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2010年03月25日

コミケットスペシャル5レポ 其の3

じゅんさい汁を食べたJAうごの佐藤です。


今日は秋田市へ出張だったんですが雨が結構降ってましたよ。
日本海周りで行ったんですけど海は荒れていました。


ええ。


さて、今回はこのシリーズ最終章となります、
コミケットスペシャル5レポ 其の3をお伝えします。


シンポジウムがおしまして午後4時45分頃終了しました。
その後、ホテルへ荷物を置きまして、午後6時30分からの中夜祭会場へ向かいました。




CIMG3764.JPG

                         水戸プラザホテル




まぁ〜この立派なホテルにビックリしました。
高級リゾートホテルの様なたたずまいに佐々木と2人で驚きを隠せません。




CIMG3769.JPG

                       アトリウムガ−デンパーク




この素晴らしい中庭は天井付きでしたよ。
スケールの大きさが伺えます。




CIMG3770.JPG

                         パーティータイム!

                           


会場はこの豪華ホテルの大ホールで、何と貸切ですよ。
茨城のご当地ヒーローも登場するんですよ。




CIMG3771.JPG

              入り口にポスターが




中は広い広い!立食パーティーだったので何百人入ったのか分かりませんでした。
横須賀先生の挨拶が終わり、コミケ準備会共同代表の筆谷さんが乾杯の挨拶です。

会場には作家さんやコスプレした参加者などが集まって、
それはもう楽しいお祭りの開演でした。

最初に登場したゲストは歌手の高取ヒデアキさんでした。
高取さんは”侍戦隊シンケンジャー”や
”忍風戦隊ハリケンジャー”などを歌っている有名な方です

我が家でも日曜日の朝は必ずヒーロー戦隊ものを子供達が見ていますよ。
高取さんのライブで会場は興奮のるつぼと化しました。




CIMG3793.JPG

                         グイグイきてます




勿論、自分も声を出して歌いましたよ。
基本的にノリやすい性格なもので。
その時佐々木はご飯を食べてました。

高取さんの後は管弦楽団による音楽ライブが行われました。
そして、茨城県のご当地ヒーローの登場です!




CIMG3804.JPG

                       時空戦士 イバライガーR




このヒーローを見たとき、
我らが秋田のご当地ヒーロー超神ネイガーとダブりました。
ご当地のヒーローがご当地を守り盛り上げるんですね。
水戸の盛り上がりが相乗効果を生みました。

ショーだけではありませんよ。
パネラーの方達や作家の方とお話させていただきましたし、
水戸納豆カレーの社長さんともお話させていただきましたよ。

色々な方と意見交換させていただきここでも本当に良い経験をさせていただきました。
こうして午後9時に中夜祭は終了しました。
コミケ初日3月21日はあっと言う間に過ぎていったのでした。




翌日3月22日は即売会場へ再び向かいましたが、やっぱり凄い行列でした。
並んで場内へ入るとなると数時間かかってしまいます。

その為、入場を諦めて京成百貨店でお土産を購入しました。
水戸黄門饅頭や水戸納豆、干し芋を買いましたよ。
羽後町へ戻ってから美味しく頂きました。

お土産購入後は、コスプレ会場へ向かいました。




CIMG3810.JPG

                         頼もしい後ろ姿




コスプレ会場と即売会場は離れていまして数百メートルあったんですが、
即売会場へ入る為長蛇の列がこの会場まで続いていたんですよ。




CIMG3829.JPG

                          これぞコミケ




コスプレ会場は生まれて始めて足を踏み入れました。
写真はインターネットで見た事はあったんですが、
大人数のコスプレーヤーに驚きを隠せませんでした。

スタッフもコスプレしてましたしこの会場では、
アニメ・ゲームファンではない人が浮いた存在でした。

スタッフの方とお話させていただきコスプレする人達の事を、
分かりやすく説明してくれました。
その方は侍のコスプレで太刀と脇差を身に着けていましたよ。
このあたりで時間は既にお昼を過ぎていました。

近くだし偕楽園にでも行って観光しようかとも思いましたが、
ここまで来たのなら前日のシンポジウムで紹介がありました、
「鷲宮神社まで行こう!」という結論にいたり一路埼玉県鷲宮町へ向かいました。




CIMG3853.JPG

                           そして聖地へ




移動時間は渋滞もあり2時間半程度でした。
らき☆すたの舞台となっています鷲宮神社に初上陸です。




CIMG3847.JPG

                           喜びを隠せず




神社の目の前にありますこの大西茶屋さんがらき☆すたに登場するそうで、
お客さんがこの時も大勢入っていました。
中では食事が出来たり、2階にはフィギアが飾ってありました。

鷲宮神社は格式高そうな雰囲気で敷地も広く驚きました。
イメージではもっと小さい神社だと思っていました。




CIMG3858.JPG

                           立派な神社




西又先生のブログでもご紹介されていましたこの場所にも行きました。




CIMG3864.JPG

                            絵馬と僕




参拝もさせていただきましたし、おみくじやお守りも購入しましたよ。
そしてこの日は鷲宮町にとって特別な日だったんです。
平成22年3月22日は鷲宮町のお別れの日。
市町村合併で鷲宮町は新久喜市となるんです。

我々が行った時は、神社でイベントをしている分けではなかったんですが、
アニメファンが大勢いましたし痛車も停まっていました。

シンポジウムでパネラーを務めた島田さんは
”鷲宮町の卒業式バスツアー”の添乗員をすると言ってましたね。
島田さんも大忙しの方です。




ここで、大変驚いた話をご紹介いたします。
アニメ、イラストで町おこしの鷲宮と羽後町がこの卒業式に
繋がっていた事実が判明したんです。

中夜祭で島田さんとお話させていただいて分かったんですが、
”鷲宮町の卒業式バスツアー”のお昼にお弁当を準備したそうなんです。
何とこのお弁当に使われていたお米こそ、JAうごのお米だったんです!


これには驚きました。


鷲宮のお寿司屋さんに”圭秋”さんというお店があるんです。
JAうごでは、このお寿司屋さんに数年前からお米を毎週ご購入していただいているんです。
美少女イラスト米が登場する前からです。

この話を島田さんにした所、
「えっ!明日のお弁当は圭秋さんですよ!」となった訳です。

狭い日本どう繋がりがあるか分かりませんね。
偶然と必然で世界が成り立っているかもしれませんね。

鷲宮神社まで来たので、お世話になっている”圭秋”さんへおじゃましました。




CIMG3879.JPG

                         必然のツーショット




こうして久喜ICから東北道へ乗り一行は羽後町の帰路へ着いたのでした。
総走行距離1,100k 給油回数3回 学習した事無限大。

JAうごとして空前絶後の経験となりました、
コミックマーケット参加はこうして幕を閉じたのでした。
吸収する事が多すぎて、まだまだ頭の整理がつきません。

しかし、何をすべきか体が覚えている気がします。
この貴重な体験を必ず次のステップへ結びつけ、
更なる事業発展、お客様に喜んでいただける様な農産物販売、
また羽後町がより一層元気になる様に頑張っていきたいと思います。







----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------




JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



      
   







posted by jaugo at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | イベント
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36675940
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック