人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2010年07月05日

最高級きゅうり Vol.11【ハウスを換気する為に】

ねじり鉢巻きが好きな、JAうごの佐藤です。


むしむししてます。
一瞬雨が降ったんですが直ぐに止んで逆にむしむし度が向上。
この季節に合う美味しい食べ物とか野菜とか調理方法がもっとあったらいいのに。

そんな羽後町です。


さて、今回は最高級きゅうり Vol.11【ハウスを換気する為に】についてお伝えします。

チョイときゅうりをのぞいてみましょう。






DSC_0513.JPG

                            おや?





何をしているんでしょうか?






DSC_0516.JPG

                          ビニールをカット






梅雨明けして本格的な夏が来る前に、換気をさせる様に改造してるんです。






DSC_0511.JPG

                         ビニールがパラリと





ビニールハウスの構造上、チョッとした光で急激にハウス内は温度上昇します
熱は上にこもります。

きゅうりのつるは上部へと伸びていきますので、
上部に成るきゅうり程熱い条件で成長します。
温度上昇すると、きゅうりが『焼けてしまいます』。

出荷出来なくなってしまいますよね。
又、風が強い日はハウスの側面を開けると風できゅうりが傷つきます。

換気構造にすることにより、ハウス側面を空けなくても前後の扉調整で、
換気口から熱が逃げます。
更に、このハウスのきゅうりは今年始め(4月)に定植したもので、
今月末には植え替えを行ないます。

きゅうりだって限りなくパワーがある訳ではありません。
ドンドン弱くなっていいきゅうりが成らなくなるんです。
4月20日頃に定植していますので、寿命は4ヶ月です。

匠(高橋さん)の判断ですので、これが基準ではありませんよ。
あくまでも匠が作り出すきゅうり密着ドキュメントですからね。
てな訳で、新しく植え替えするきゅうりの苗にも優しい環境作りと言えます。

風通しがいい方がいい物が出来ますよね。
人間だって暑苦しいと寝にくいですが、風があれば涼しくグッスリ眠れます。
きゅうりに優しいハウスってな訳なんです。






DSC_0544.JPG

                            完成形






毎年この時期にやっている作業なんです。
でもこの時匠は言ってましたよ。


「今年は異常だよ。きゅうりが成らないんだよ。(数が少ない)」匠


「最近結構暑くなったから沢山成っていい時期じゃないですか?」佐藤


「いや〜成らないんだよ」匠


「やっぱり春先の寒さが原因だろう」匠


今年は全ての野菜が前年比収穫量が落ち込んでいます。
危機的状況です。
農家の収量が減少するって事は収入が減るわけですから死活問題です。


これから収穫される農産物も心配でなりません。







DSC_0520.JPG
 
                          午前10時 32℃






こんなに暑いんですが作業は淡々と続けられました。
奥さんだってハウス内で芽欠き作業してましたよ。
スゴイです。






DSC_0554.JPG

                           笑顔が素敵






奥さんが入っているハウスは田植え後に植えたきゅうりですのでつるが短いです。
このハウスは匠が保有する11棟のハウスの中でも新しい方です。
作りが違っていて換気口が付いてるんですよ。






DSC_0549.JPG

                         上に扉がパカっと






ハウスもドンドン進化しています。
それと、この暑さですので水も与えていましたよ。






DSC_0530.JPG

                           気持よさそう






外側からこの様に水をホースでかけます。
マルチ内にも潅水チューブから水を与えています。

それでは今日のきゅうりの写真シリーズです。






DSC_0540.JPG

                            美しく






DSC_0045.jpg

                           そして力強い






この艶とイボの違いが分かるでしょうか?
あぁきゅうり食いたくなってきちゃいました。
次回のきゅうりシリーズもご期待下さい。




◆羽後町ツアーで定植した西瓜


今日は久々に西又先生が植えて下さいました西瓜をフォーカスです。






DSC_0559.JPG

                           お久しぶり!






DSC_0561.JPG

                           もう一つも!






DSC_0564.JPG

                            2カメ






もうプレートはツルを手で寄せないと分からないほどです。

そう言えば、西又先生のブログで”羽後町ツアーの西瓜定植”が、
今日更新されました。


西又葵と行く秋田県羽後町ツアー【22日・JAうご本所〜スイカの定植〜としとらんど編】はコチラ


そこで登場していたサインは今、こんな感じになってますよ。







DSC_0572.JPG

                          サインも元気!






最後に全体図がこうなっちゃてます。






DSC_0578.JPG

                           ワッサワサ






西瓜のネット販売は今年もしますからね。
近いうちにご紹介出来る予定です。
お楽しみに♪




◆今日の一言

JAうごの佐藤が自由に感じる今日の一言はコチラ



----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------




うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら




twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。




ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら




ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら




人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
posted by jaugo at 22:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | きゅうり
この記事へのコメント
プレートが見づらくなっているのですね〜、まあそんだけ無事に成長している訳でって感じですかね。
キュウリに限らず今年は天候が安定してないから農作物にしてみたら大変なんですね。
もう少ししたら梅雨明けしてくれるのか、ちょっと心配です。
Posted by プレミアシートのクリスマスツリー at 2010年07月06日 07:18
天候に左右されるのが農産物です。
人間は天気にかないませんので上手に付き合っていくしありません。
梅雨が早く明けてくれればいいんですけどね。
Posted by JAうごの佐藤 at 2010年07月06日 16:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39469744
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック