人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年02月02日

羽後町ツアー【冬の陣】レポ其の二

無機質っぽいJAうごの佐藤です。


何日ぶりでしょうか、今日は青空が続きました。
午後から荒れてくる予報でしたが、夕方までは晴れでしたね。
”もうかった一日”です。


ええ。


そんな、羽後町です。

さて、今回は・・・


羽後町ツアー【冬の陣】レポ其の二についてお伝えします!


歓迎式典後に写真撮影を終えた一行は、いざ!わか杉を出発します。

このツアーのテーマの一つに農業体験があります。

若者達にツアーを通じて農業と触れってもらい、食の大事さ、作ることの大変さ、
”農”について学習して欲しいのです。
愛情込めて作っている農産物を、現場に出向き作業する事によって少しでも知ってほしいんです。


作物は人を表すんですから。


ええ。


ただし、羽後町はご覧のとおりの大雪で、1月は田畑が使えません。
ハウス等の施設を利用した農業しか営むことが出来ないのです。
そんな訳で、ブログにもチョイチョイ登場しております、お花の収穫体験へと進むのでした!




$SC_0193.JPG

雪だらけ





西又先生に、雪国体験として”かんじき”を履いて新雪を歩いてもらう事にしました。


ファイトーー!( °ロ°)乂(°ロ° )イッパーーツ!!




$SC_0194.JPG

かんじき初体験





恐る恐る新雪を歩く西又先生でありましたよ。




$SC_0205.JPG

大丈夫かしら





雪国ポージングをお願いしました。




$SC_0210.JPG

決まったかしら





西又先生が”かんじき”履いて歩いた後に続いて、一行がハウスへ向かいます。




$SC_0213.JPG

ツアー参加失敗したかしら





お花の種類は、『ストック』でしゅ。
でしゅ。
JAうごのストックは秋田県内の約9割を占めているんです。

全国の花屋さんより高い評価をいただいており、約35年も継続出荷している
うごの花を代表するお花なんです。

ピーク時は、400ケース近い出荷になるんですよ。
しかし、今はピークも過ぎて終了間近。
ハウスはガラガラで、農家は片付けをする季節なんです。

品質的にも胸を張って出せるものではありませんが、
このツアーの為に準備して残しておりました。
参加者の皆さんには、その説明をしておりませんでしたが、そういう事ですからね。


(# ̄З ̄) ワカリマシタ?


てなわけで、ハウス内はこんな感じです。




$SC_0221.JPG

ストックの花言葉は『愛の絆』





ストック部長の佐藤さんのハウスにおじゃましましたが、
花言葉を常に奥さんに伝えているとかいないとかで、お子さんは3人もいらっしゃいます。
皆さんいいところは真似をする様に!

さて、佐藤さんには花の収穫方法を説明してもらいましたが、
花を切って収穫するのではなく、抜いて収穫するお話に皆さんドヨメキが起こりました。


(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-


「ええッ!!抜くのかいッ!!抜けるのかいッ!!」


佐藤さんの説明後、実際にみんなで収穫してもらいました。




$SC_0225.JPG

おお!抜ける!





$SC_0226.JPG

参加して成功したかしら





白とピンクと紫の3色を収穫してもらいましたよ。
ハウス内はストック特有の匂いに充ちて、心地よい癒しの時間を過ごしました。









$SC_0252.JPG

初めて花を収穫しました!





その後、葉を欠いて根を切りました。




$SC_0276.JPG

Tシャツで、鼻息荒くチョッキン





そして、フラワーキャップに名前を記入してもらいました。
ダンボールへみんなの花を入れて、東京で解散する時に渡してもらう事にしたんですよ。
花き部会の今泉部会長にも協力してもらいました。




$SC_0261.JPG

湯上げをすると復活するぞ!





湯上げとは?


『パルプ・フィクション』でアカデミー助演女優賞にノミネートされたんですよ。
おっと!ユマ・サーマンと間違えちゃったね。


(=v=)オホホホ


湯上げとは?



元気がない花に元気を与える方法です!
お腹が空いて立ち上がれないアナタへバチコーン元気を与えて蘇させる方法なんです。
20代女性の心をキュンとさせる事が出来る方法なんです!?


お湯と冷水につけることによって、
茎の導管内に圧力の変化をおこして水を押し上げるです。
鍋に2〜4CM水を入れて沸騰させます。

その沸騰させたお湯に茎を入れるんですが、
葉が熱でヤラれるので新聞で巻いて下さい。
これで葉を守ることが出来ます。

お湯に入れる事、30秒。

その後、直ぐに水に入れて下さい。
2,3時間でバッチリ水が上がったらOKです。
ツアー参加者で、ストックに何も処置を施していない方がいましたら挑戦してみてね♪


JAうごのストックは、花持ちが良いのが最大の売りなんですから!!


さて、実は佐藤さんの奥さんが参加者の皆さんへ沢山のおもてなしをしてくれたんです!




$SC_0263.JPG

なえんもねんしども





さすがです!
このおもてなしの心が羽後町民なんですね。
最高の奥さんですし、尊敬しちゃいますよ。


羽後町の女性は日本一ですよ。


何もありませんと言いつつ手作りのお菓子をみんなに振舞ってくれたんです!




$SC_0267.JPG

これぞ愛の絆





甘酒も準備してくれました。
これは自分がみんなに配りました。




$SC_0257.JPG

寒い時の甘酒は、たまんない





$SC_0272.JPG

うんめぇなぁ〜





雪があるとはしゃぎ回るのは若者のさがでしょうか。
キャッキャしてました。
雪国の人間には考えられへん!




$SC_0279.JPG

雪に飛び込む者もいたりして





お花の収穫体験に協力してくれた皆さんありがとうございました!
これからもよろしくお願いします。
そして、足を運んでくれた参加者の皆さんが一輪の花にも愛情を感じてくれますように。




$SC_0284.JPG

これからも絆を忘れずに





次回の羽後町ツアーレポも見逃せませんよ。
ご期待下さい♪




◆今日の一言

JAうごの佐藤が自由に感じる今日の一言はコチラ

----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら







この記事へのコメント
自分がバッチリ写ってますな(笑)
(ストック持ってピースしてます)

ストック収穫とても楽しかったです。
とてもきれいなお花ですね。


かんじきがあそこに置いてあったのはそういう理由だったんですね。



Posted by 秋保慎一 at 2012年02月02日 22:14
実際にやってみると想像してたのと違ってビックリでした。
何事も経験ですからやってよかった。

根っこの香りにはビックリしましたね。
科が同じだからだったかな?

Posted by sakurano_crime at 2012年02月02日 23:05
秋保慎一さんへ
いらっしゃいませ!
バッチリ使っちゃいました、いい笑顔だったのです。
かんじきは想定外のネタで、ストックの佐藤さんのアドリブでした。
Posted by JAうごの佐藤 at 2012年02月03日 07:51
sakurano_crimeさんへ
何事も経験とは昔からよく言ったものですよね。
根からすっぽりですから。
アブラナ科は羽後町で多く栽培されています。
大根の匂いなの〜。
Posted by JAうごの佐藤 at 2012年02月03日 07:53
まさかのストックを頂けるとは思ってませんでした。
「愛の絆」良いですね〜。
花瓶買って来ないとな〜。
Posted by プレミアシートのクリスマスツリー at 2012年02月03日 18:57
プレミアシートのクリスマスツリーさんへ
花瓶早めに買って下さいね。
食べちゃダメですよ。
絶対食べちゃダメ。
食べちゃダメ・・・。
Posted by JAうごの佐藤 at 2012年02月04日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53413146
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック