人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2011年02月23日

食べよう緑黄色野菜【小松菜】

やっぱりプロセスチーズが好きなJAうごの佐藤です。


放射冷却現象が毎日続いています。
外に駐車している車の窓ガラスは凍りつき、
暖房機が付いているハウスは灯油がガンガン減っちゃいます。

程よいって難しい、あぁ難しい。


そんな、羽後町です。

さて、今回は・・・

食べよう緑黄色野菜【小松菜】
についてお伝えします。


JAうごから通年出荷している野菜の小松菜。




CIMG1211.JPG

わんさか






夏場は気温が高く日照が多いので成長が早く、
種まきしてから収穫までが期間が短いです。

が、

その成長の早さに大きくなり過ぎて収穫出来ないなんて事も。

成長スピード速すぎる!

逆に冬は温度が低く日照が少ないので成長が遅いのです。
収穫まで時間がかかっちゃいます。

ただ、

冬場は鍋の季節でもあり需要も高まります。
しかも寒締めで甘み、旨味が増します。


↓おっと!寒締めの説明はコチラを↓

【ふくたち】の取材とあきた旬歳時記

ってな訳で、寒さで凍りつかないよう糖度を増す為に、甘くなるんです。
実際凝縮され、葉の厚み・色の夏場とは違うんです。
葉は厚くなりますし、色も濃くなります。









CIMG1217.JPG

我慢しないで食べていこう





小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜です。
カルシウム・ビタミンA・鉄・カリウム・食物繊維などを多く含んでいますよ。
中でもカルシウムの含有量は野菜の中ではトップクラスなんです。


(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ


程よく野菜も食べましょう。




◆今日の一言

JAうごの佐藤が自由に感じる今日の一言はコチラ

----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら




posted by jaugo at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜

2010年01月17日

JAうご新成園芸組合

JAうごの佐藤です。


今日は日曜日ですが、今日も積もりましたね。
雪が・・・。

昨日今シーズン初のスキーをしてきました。
家族みんなでスキーをしにいったんですが、積雪は十分でしたよ。
羽後町はスキーヤーにとっては幸せな土地柄です。

すぐスキー場に到着できますからね。
ナイターだってすぐに行けちゃうから、
午後から友達と相談して行くと決めても大丈夫ですよ。
小学校から高校まではスキー教室だってあるんですから。
羽後町のメンズは全員がゲレンデの貴公子と言っても過言ではありません。(過言かも)


さて、今日は”JAうご新成園芸組合”についてお伝えいたします。
この組合の組合長であります岩村さんをご紹介いたしましょう。




CIMG2344.JPG

                        平成20年から組合長


冬期間岩村さんは小松菜とアスパラ菜をハウスで生産しています。




CIMG2337.JPG

                         一面が小松菜




小松菜は特にβカロテンの含有量が多く、100gの摂取で
一日に必要な栄養素を満たすと言われるほどふんだんに栄養素が含まれる食品です。



CIMG2406.JPG

                          アスパラ菜


あんまり耳にしない野菜ですよね”アスパラ菜”って。
新種の野菜なんですが、茎の食感がアスパラガスとよく似ているところから
”アスパラ菜”と呼ばれるようになったんですよ 。
味のほうもアスパラガスに似たほのかな甘みがあるんです。
栄養面ではビタミンA、C、鉄分などを多く含む栄養価満点の緑黄色野菜です。

その他、この組合では様々な野菜を出荷しているんです。
小松菜、ホウレン草、ふくたち、みず菜、アスパラ菜等など
沢山の種類があるんです。
中でも、この部会のメインの野菜であり秋田県では有名な
野菜があるんです。



それが・・・
オクラです。




P1040995.JPG

                        ひばり野オクラ


この組合の組合員は21人いるんですが、そのほとんどの方が
オクラを生産しています。
”ひばり野オクラ”はネームバリューもあり秋田県では
ブランド品として定着しているんですよ。


ひばり野オクラ詳細はこちら



P1050014.JPG

                      JAうごを代表する農産物


写真のオクラは昨年の物です。
オクラの種まきは3月下旬から始まり定植は4月下旬、
出荷は5月中旬から始まるんです。
部会としてのオクラ作付面積は約7,000uもあるんですよ。
オクラも”ふくたち”の様に追跡してみたいと思っています。(予定)

オクラには、独特の”ぬめり”がありますよね。
この”ぬめり”成分は整腸作用やコレステロール吸収を
抑える効果があるとされているんです。

特に、成分に含まれるペクチンには、消化吸収速度を抑えて
血糖値の急激な上昇を抑える効能がある事から
糖尿病の予防にも効果的なんですよ。

他にもオクラにはβカロテン、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、
カルシウム、鉄分などの栄養素をバランスよく豊富に含有しているんです。


ええ。



ここで、会長の岩村さんをちょっとクローズアップしてみましょう。




CIMG2341.JPG

                    今は小松菜の出荷が最盛期


野菜農家として約15年。
岩村さんは野菜、花卉、お米の生産農家であります。
冬季野菜としては年末から4月中旬までが出荷期間となります。

通年ハウス利用しての野菜、花卉出荷は大忙し。
とても2人ではまかないきれません。
おじいちゃん、おばあちゃんやお子さん達が手伝ってくれるからこそ
やれるんだと岩村さんは言います。(娘さん2人息子さん1人)


岩村さんは優しく語ってくれました。
いつも奥さんと協力し合い、お休みの時は子供達も手を貸してくれる。
冬期間の寒さで栄養分を蓄え甘みが出る野菜に、
家族の愛情たっぷり手が込められているからこそ
より一層の甘みを増すがかもしれません。

岩村さんの趣味は・・・

「釣り」

しかし、最近は大好きな釣りも仕事の関係であまり出来ないんだとか。
自宅のすぐ隣にある”西馬音内川”で1m級の鯉を
いつか釣ってやる!と意気込んでおりました。

今後の目標は・・・

「部会全体のレベルを上げる」

部会の底上げと均一化を計り、より一層の品質向上を
目指したいと言っておりました。


可愛い末っ子のお子さんと一緒にハウスで
小松菜を収穫する岩村さんご夫婦をご覧下さい。
(お子さんは笑顔で応援です。)

「頑張れ!お父さんお母さん!」




★小松菜収穫






【おまけ】
今日午前中物凄く雪が降ったので、その時に撮影した尋常じゃない雪の様子

★積もる雪の降り方











◆イノキボンバイエ


全く振りもなしで、
息子と2人で入浴中に言ってみた。

「1、2、3」父




「ダーッ!」息子4歳。

いつの間にか『燃える闘魂』は養われていた。




----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ"
----------





JAうごHP


JAうごオンラインショップ


JAうごモバイルショップ


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。





posted by jaugo at 23:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜

2009年10月28日

大豆

JAうごの佐藤です。


今日は大豆についてお伝えしますよ。

政権交代してから、転作について何かと騒がれていますね。
現段階ではまだハッキリとした方向性が示されていません。

転作奨励されています作物の中でJAうごで一番多く作付け
されているのが、大豆です。

基本的に10a当たり55,000円の転作奨励金が貰えます。
(条件によって奨励金は前後します。)
来年以降は金額が下がる見込とか・・・。
悲しいニュースです。


JAうご管内での大豆作付面積は104haです。
刈取りした大豆は100%全農へ出荷されています。
その大豆はほとんどが【お豆腐】になっているとか。

昨日食べた湯豆腐がJAうごの豆腐かも知れませんね。
夏は冷奴・冬は湯豆腐や鍋など、豆腐は大好きな食材です。

5月田植えが終わった6月上旬から
大豆の播種(はしゅ)【種まき】が始まります。
そして、9月稲刈りが終わった10月中旬から刈取り開始です。





P1070575.JPG

                            意外?





田と同様に大豆の圃場(作物を栽培する田畑)にもJAうごでは
堆肥散布してるんですよ。
30a当たり2t車トラック1台分の堆肥を散布します。

ちなみに田には・・・
30a当たり2t車トラック2台分もの堆肥を散布します。
大量でしょ。
沢山の肥やしを与えて元気な大豆を実らせるんですよ。





さて、その大豆なんですがどうやって刈取りしているのでしょうか?


当然機械で刈り取るんですが、稲と同様コンバインなんですね。



大豆コンバインっていう物があるんです。

ええ、そうなんです。







P1070577.JPG

                        グルングルン回る





P1070583.JPG

                          殻は吐き出す





10月下旬頃からの天気はとても不安定です。
台風は来ないんですが、この季節雨が多いんです。
しかも、秋田県屈指の豪雪地帯であります羽後町は
時期がずれ込むと雪が舞い降りてくるんです。

悪天候を勘案すると大体1ヶ月ほど大豆刈取りには
時間を要します。
数年前に実際あったんですが、刈取る前に雪で大豆が
ダメになった時も本当にありました。

今年は順調に推移して欲しいところですね。



この大豆コンバインは農家は保有していません。
何百万円もしますし、大規模に大豆栽培していないからです。
メインはお米ですからね。

JAで保有しているんです。

この季節に大活躍する大豆コンバインを動画でご覧下さい。
珍しい映像ですよ。










どうでしょうか?
こんな感じです。

お米と同様に乾燥機で適正な水分にして、
未熟な大豆、小さい大豆を選別して
合格した大豆だげが出荷されます。

あなたも豆腐やお味噌をもっと食べてみてはいかかでしょうか?





◆西又葵先生のブログで紹介していただきました。

いつもいつも感謝感謝です。
西又先生がこの為だけに描き下ろしして下さいました
クリアファイルは今月いっぱいまでのご注文にプレゼントです。
是非オンラインショップよりご購入下さい。


西又葵先生オフィシャルBLOG


JAうごオンラインショップ




◆青いバラ


世界初!青いバラが出来た!って
報道されてたけど、

赤いバラの方がいいな〜。



『真っ赤なバラ』

 いいね〜

『真っ青なバラ』 

WAO!

----------
またねぇ〜
(・∀・)ノ"
----------


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。


posted by jaugo at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜