人気ブログランキングへ ←あなたのクリックで、『JAうご』そして『羽後町』はもっと広く伝えられます。
ポチッとσ(@゜ー゜@)ヨロシクネ 【なえんもねんしども】どうかよろしゅう。

2011年04月05日

4月5日(火)大安 

オール3が一番多かったJAうごの佐藤です。


今日は小学校の始業式でしたよ。
登校班の背中がたくましさを感じました。
明日は入学式だとか。


ええ。


そんな、羽後町です。

さて、今回は・・・

4月5日(火)大安
 についてお伝えします!

実は今日載せる写真がありません。
ブログと写真は切っても切り離せないんですが、
チョッとチャレンジしてみます。


写真なしでもイケるかイケないか。


どうしようかな〜。
写真もないのに何を書こうかな〜。


「今日の内容でいいじゃないか!」

「そうだ!そうだ!」


そんな声が聞こえましたので、
今日の内容を書いてみます。

午前中は花の出荷をしました。
札幌行きの輸送トラックが早く集荷しに来ます。
午前8時15分頃です。

その為、出荷で集まる時間を午前8時に決めています。

ですので、午前7時45分頃には出荷所のシャッターを
開けて、詰所のダルマストーブに火を付けて暖め、
電気ポットに水を入れてお茶タイムに備えます。

このお茶タイムは、梅こんぶ茶やしいたけ茶やこんぶ茶等が
取り揃えており中々の充実ぶり。
チョッとした喫茶店がオープンしています。

現在では節約の為に、紙コップ一つ一つに農家の名前が
マジックで書かれていますよ。
繰り返し使用していますが、まだお腹をこわした人はいません。

今日は約200ケースの花が集まりましたね。
東日本各地へ飛び立っていきました。

皆さんがプレゼントされる花束や、
お店に飾っている花はJAうご産の幸せを呼ぶ花かもしれませんね。

そう言えば、出荷所で人事異動があった
普及所の先生が来てくれました。
4月は出会いの時ですよね。

新鮮さも大事だと思います。

出荷後、午後11時から担当している部会の、
総会に向けた監査を受けました。
初めての監査で緊張しましたよ。

ボチボチでんな〜って感じでクリアしました。

お昼を交えながらの監査でしたが、
本日準備したのは、羽後町役場そばにあります、
『れもん』さんのお弁当です。

こちらのオススメはなんと言っても、


エビフライ弁当です。



いつもお願いしているので良くしていただいております。
エビフライにはランクが沢山ありまして、
上のランクになるほどエビフライがデカくなっていきます。

あんまり大きいのになると事前予約が必要なほどの
巨大ぶりです。
一度あの食べきれないほどの巨大エビフライを食べてみて下さい。

拍手喝さいで女子は大抵残してますよ。

こんな感じの大安吉日でした。




◆今日の一言

JAうごの佐藤が自由に感じる今日の一言はコチラ

----------
まんずなぁ〜
(・∀・)ノ
----------


↓人気ブログランキングに参加しています。
1日1回応援クリックお願いします。
人気ブログランキングへ


うご農協ホームページ
JAうごHPはこちら


twitter_ugo.png
JAうごtwitterはこちら

フォローどうかよろしゅう。


ブログ用ショップバナーPC.gif
JAうごオンラインショップはこちら


ブログ用モバイルショップ.gif
JAうごモバイルショップはこちら



posted by jaugo at 21:55 | Comment(4) | TrackBack(0) | 部会

2009年11月05日

JAうご農業青色申告会

JAうごの佐藤です。


曇り空から強い風雨に見舞われている羽後町です。
皆様どうお過ごしでしょうか?
関東方面は良い天気のようですね。

さて、今日は【JAうご農業青色申告会】についてお伝えします。

が、青色申告って?
「なんのこっちゃ」って話ですよね。

所得税の申告方法の事なんです。

お勤めで給料を貰っている方は、源泉徴収されますので
原則確定申告は不要です。(申告が必要なケースも有り)
農家の方は個人事業主ですので、農業収入は「事業所得」となり、
収支を確定した決算書を添付書類として提出します。

そもそも何故青色申告と言うのでしょうか?

それは、かつて申告書の表紙が青かったことから
青色申告と呼ばれる様になったんですね。

昔の人は遊び心が許されたんでしょうね。
役人さんでもね。

現在では申告書の表紙は青ではないのですが、
税法上、実務上共に青色申告と呼ばれ続けているんですよ。

所得税の申告方法には、「青色申告」と「白色申告」とがあるんです。
白色申告より青色申告の方が、色々書類を準備したり
手間がかかるんですが、青色申告には大きな特典があるんです!

主な特典は以下の通りです。
@ 最高65万円の特別控除
A 家族への給与が必要経費になる
B 減価償却の特例が受けられる
C 赤字損失分を3年間繰越できる


大体の説明はこんな所ですが、
ここで、【JAうご農業青色申告会】の
藤原会長をご紹介いたしましょう。




P1070687.JPG

                    孫3人に囲まれ毎日がお祭り



藤原さんは、花卉・野菜・米を生産する農家であります。
平成15年の立ち上げからずっと会長を続けているんです。
会員の方から強い支持を得ている証拠ですね。





P1070668.JPG

                     ストック(アブラナ科)が最盛期



この会が立ち上がる前から羽後町農業委員会で開催した、
申告の勉強会にも率先して参加する努力家であり、
平成5年にはご自身40歳を超えて日商簿記3級を取得する程の
頑張り屋さんなんです。


この厳しいご時世ですから、少しでも費用圧縮したいですよね。
立ち上がり当初から会員は右肩上がりで、現在会員数は
48名にも及びます。


毎年税務署の担当者から要望を聞いたり情報交換をする
情報交換会を開催しています。
常に知識の向上はかかしません。

JAうごに存在する部会は多数ありますが、
青色申告会は【縁の下の力持ち】といったところでしょうか。
今後も部会員数は増えると予想されています。

あなたも勉強すれば還付金が増えるかも?!
頑張りましょう。



JAうごHP

JAうごオンラインショップ





◆仮面ライダーW(ダブル)

先日、駅伝の為に日曜日朝に放送されている
仮面ライダーW(ダブル)が中止になった。
次男は大の仮面ライダー好きで我が家では有名人。


「なんで!なんで?」次男3歳
「なんで、仮面ライダーW(ダブル)やらないの?」次男3歳

「中止なんだよ」父




「チュー?なんでチューするの?」次男



ちゃんちゃん


----------
またねぇ〜
(・∀・)ノ"
----------


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。




posted by jaugo at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部会

2009年10月30日

【水稲採種ほ】と【種子センター】

JAうごの佐藤です。

 
今日は午後3時過ぎに雷雨が落ちてきた羽後町です。
さて、今日は【水稲採種ほ】についてお伝えします。


え?
何それ? 


そんな疑問が出て当然ですよね。
おそらく100人中90人位は【水稲採種ほ】について知らないでしょう。
耳にしませんからね。

まず、『水稲』は一般的に言います『稲』です。
田んぼには水を引いて育てますよね。
それを水稲と言うんですよ。

それに対して『陸稲』っていう『稲』もあるんですよ。
字のごとく、田んぼでなく畑に育てる稲の事です。
JAうごでは作っていません。
日本米は水稲がほとんどです。

日本のどこかで作っているんでしょうか?
作っていたら見てみたい気がします。


次は、『採種ほ』ですけど・・

採 → 採る

種 → 種(種子)

ほ → ほじょう(作物を栽培する田畑)

3つの言葉が略されているんですよ。

『種を採るほじょう』の事だから・・・

【水稲採種ほ】とは、
『稲の種を採るほじょう』の事を指すんですよ。
1つまた勉強になりましたね。

TRF(TK Rave Factory)みたいなもんですよ。
「ボーイミーツガール〜 それぞれの〜」
日本語が略されてるなんてギャル語みたいでおもしろいですよね。



水稲の種子は法律に基づいて県が指定した農家の水田(採種ほ)で、
生産されているんですよ。

食用ではない、お米の種を作っている農家がいるんですよ。

ええ、そうなんです。

JAうごには水稲採種ほ組合があるんです。
採種組合員は21名。
水稲種子面積は48.3ヘクタール。
東京ドーム約10個分の広さになります。


収穫した種子を出荷する場所が【種子センター】なんです。





P1070255.JPG

                 平成15年に素晴らしい施設完成



この施設は本所のすぐ近くに建てられています。






P1070256.JPG





農家からこんなに大きな入れ物でJAに集まってきます。






P1070271.JPG

                  素敵な笑顔でボーイミーツガール!




下からお米が落ちて、施設内へ取り込むんですね。







P1070263.JPG

                        調整・選別



下から落ちたお米は天井の方へ移動して上から下に落ちてきます。
この時から調整・選別工程に移行です。
揺ら揺らゆすって、小さいお米や割れたお米やゴミなんかも
自動的に選別されて、合格したお米が次の工程に進むんです。







P1070265.JPG

                            消 毒



コーティングするんです。
要は消毒するんですね。

何故消毒するんでしょうか?


籾殻に病気が付いているんですよ。
全部に付いている訳ではないですけど。

代表的な病気は”バカ苗病”です。
これはたちが悪いです。

【実が付かない】
【穂が出ると枯れる】

食べるお米にならないんですよ。

こうゆう病気にならないように消毒するんですね。
あなたもインフルエンザには気を付けてくださいね。
流行ってますからね。

昔は農家毎に消毒していたんですが、

現在では、『消毒が面倒・難しい』
『上手に消毒しないと病気になる』
『JAで消毒してくれないか?』

って事からJAで消毒してるんですよ。

全部の種子を消毒している訳ではありません。
今でも農家で、自分で消毒している方もいます。
種子は、消毒済 OR 消毒未済のいずれかを選択可能です。







P1070260.JPG

                          袋 詰 め


なんでも機械なんですが、ラインに乗って袋詰めします。







P1070259.JPG

                    最後の最後はアームロボ



袋詰めした種子をパレットに移動するのも機械がやってくれます。
便利な施設でしょう。
色々なハードルを乗り越えて選りすぐりの種子が出荷されます。
良い種子を持ってして美味しいあきたこまちが出来るんですね。





◆ハロウィン

息子から聞かれた。

「問題です!ハロウィンはどこの国で始まったでしょうか?」息子


「イギリス!」父

「ブーッ!」息子

「フランス!」父

「ブーッ!」息子


「わかった」娘(6歳)

隣に居た娘が大きな声で
オバマ大統領の国を言うつもりで・・・


「アメリカンドック!!!!!」娘


WAO!



----------
またねぇ〜
(・∀・)ノ"
----------


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。







 
posted by jaugo at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部会

2009年10月29日

JAうごトマト部会

JAうごの佐藤です。


今日の羽後町はお日柄もよく大した気持ちよく過ごしております。

さて、今日はJAうごトマト部会についてお伝えいたします。
トマトについてはHPで既にご紹介していますね。

【みずみずしい 桃太郎トマト】

JAうごからは【桃太郎】という品種が出荷されております。
少しづつバージョンUPして現在は【桃太郎8】になっているんです。
桃太郎を生産する様になって15年程経つんですが、
ずっと長い間桃太郎を生産している理由は
桃太郎を上回る良い味のトマトがないんだとか。

トマト部会について少し詳しく説明しますね。

平成21年度作付面積は80a。
テニスコートに例えると大体15面ほどの広さになります。
結構広いですよね。

部会員数は6名。
植付本数は14760本。
販売数量は51,602kg。
機動戦士ガンダムのザクと同等の重さです。



部会長の佐藤さんを紹介いたします。





P1070566.JPG

                朝採りトマトはみずみずしい(トマト農家は超早起き)
   

         

昭和28年10月20日生まれの56歳。
男2人兄弟の長男として誕生しております。

お米とトマトを作っている農家であります。
春から秋にかけて農産物を作っておりますが、
11月から3月にかけての冬期間は、出稼ぎに行っています。

トマト農家の出稼ぎは少なくないんですよ。
ちなみに、羽後町人口17,000人の中で出稼ぎ労働者は
140人もいるんです。(0.8%)

昔はかなりの人数が出稼ぎで汗水働き羽後町へ送金して
くれたんですよ。
自分の父親だって、以前の羽後町長だって出稼ぎして
いたんですよ。
今の羽後町は出稼ぎで頑張ってくれた先輩方の賜物なんです。

冬期間の出稼ぎって事は、男が不在って事ですから
豪雪地帯の羽後町で留守を守る奥様は猛吹雪の時でも
雪よせして屋根の雪下ろしをしたんですよ。

そうやって家族を守ってきてくれたんですよ。
本当に頭が下がります。



佐藤会長の趣味は・・・

「競馬とお酒」

勇ましい日本の『男』の匂いがします。



座右の銘は・・・

「一発逆転」

まさに勇ましい。



トマト農家になった理由は・・・

「難しくて作り甲斐があるから」

まさにまさに勇ましい



今後の目標は・・・

「安全で美味しいトマトを消費者の皆様へお届けしたい」



こんなJAうごトマト部会が作り上げる
【みずみずしい 桃太郎トマト】を是非お食べください。



【トマトの健康効果】
トマトの赤い色はリコピンという色素によるもので、
赤色の濃いトマトほどリコピンが多く含まれています。
リコピンには強力な抗酸化作用があり、老化防止や、
肌や皮膚を若々しく保つ美容作用、がん予防に効果があります。


この「桃太郎」を100%トマトジュースにした
「“のむ”トマト」がご購入可能です。
200gのジュースに2個のトマトが入っているんだから
かなり濃厚で旨みも凝縮されていますよ。
友人にあげたら美味しくてビックリしてました。



ご注文はこちらから ≫ JAうごオンラインショップ




◆ツームストンパイルドライバー

ダイナマイトキッドがダイビングヘッドの前に
繰り出す”あの技”だ。

パイルドライバーはご存知だろうが、
”ツームストン”って何だろう?


実はツームストンは「Tomb stone(トゥーム・ストーン)」から
きており、”墓石”を意味する。
マットに頭で立っている様を墓石に見立て命名した説が強い。

WWEのジ・アンダーテイカーのフィニッシュホールドでもある。
このジ・アンダーテイカーのデビュー戦は何と
超獣ブルーザー・ブロディなのだ。

WAO!


----------
またねぇ〜
(・∀・)ノ"
----------


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。



posted by jaugo at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部会

2009年10月22日

JAうご青年部

JAうごの佐藤です。


今回は青年部についてお届けします。




まず青年部って何?


こんな素朴な疑問からお答えしましょう。


全国農協青年組織協議会(略称:JA全青協)から引用すると・・・

農業・JAをよりどころとする農業青年のあつまりです。
そのめざすところは、農業の近代化のみならず
よりよい地域づくりをすすめることです。




農家の高齢化は深刻です。
『古きを尋ねて新しきを知る』という言葉がありますが、
親も含めた先人の経験・知識を礎にして頑張っている
【明るい未来を創る、明るい農業を作る、若い世代の農家】の
組織なんです。


この組織は全国にあります。
基本的な活動内容は同じです。



我がJAうご青年部は他の青年部よりチョイと優れた才能があるんです。

ええ、あるんです。




P1070457.JPG

                   疲れたあなたを癒します!?



中央が現青年部会長の平柳さんです。
この7人は青年部の主力選手なんです。
JAうご青年部オールスターと言ったところでしょうか。

外見では普通〜の青年なんですが、
何が優れていると思いますか?




腕力じゃ ないですよ。


元オリンピック選手じゃ ないですよ。


逃げ足だけは速い!じゃ ないですよ。





正解はカラオケ上手なんです。


どの位のレベルかを実績が物語っています。

JA青年の歌というのがあるんですよ。
組織のオリジナルソングを作るのはよくある話ですが、
この全国青年部組織はオリジナルソングの
カラオケ大会を開催して全国優勝者を決めているんですよ。


ここまで普通はやらないですよね。

この、大会に我が青年部の勇者達が我こそは!と
登場して稼いだ実績を公表します。


★全国大会2位(秋田県選抜)
★東北大会優勝(秋田県選抜)
★東北大会優勝(個人)
★全県大会優勝(個人)
★全県大会入賞(個人)数回受賞


要は、カラオケ上手な軍団なんですよ。

懇親会でカラオケ行った日なんて、
全員歌がうまいんですから、驚きますよ!
全員オンチも面白いと思いますけどね。


歌って踊って笑顔が素敵。
そんな農家が作る農産物だから美味しいですよ。
楽しい顔して野菜やお米や果物やお花(花卉)を
作るんですよ!
面白くない顔して作る食べ物が美味しくはないでしょう。
このオールスターは本当に見事な物ですよ。
心を込めて作り育てるんですから。



JA職員のカラオケ大会も開催してほしいなぁ。





◆アーケードゲーム

小学校から無我夢中になって遊んだアーケードゲーム。
色々なゲームにチャレンジしたが、
一番長くプレイしたゲームはこれだ。


エキサイティングアワー」★テクノスジャパン★


駄菓子屋の隅に2台設置していた。
内、1台がこの「エキサイティングアワー」

当時50円でプレイ出来た。
ハメ技で有名なこのゲームだが、
自分の得意技はエルボーパットだった。

あまりにも長く(50円で2時間も)プレイしているんで
お店のおばちゃんに、やさしくこう言われた。

「50円返すから、もう止めなさい」



----------
またねぇ〜
(・∀・)ノ"
----------


人気ブログランキングへ
↑人気ブログランキングに参加しています。
 1日1回応援クリックお願いします。






posted by jaugo at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 部会